藤井聡太 wikiより詳しく&分かりやすく

史上最年少将棋プロ棋士が2016年9月3日誕生!

2016年9月3日(土)奨励会三段リーグで、藤井聡太(ふじい そうた)三段は13勝5敗(1位)の成績で四段昇段を決めた。

藤井聡太新四段(四段昇段日は2016年10月1日付)は、この時点で14歳2カ月(名古屋大学教育学部附属中学2年生)。

※この名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校は、国立学校で唯一の併設型中高一貫校として知られている。

それまでの「14歳7カ月で四段」の最年少記録を5カ月更新した。

それまでの最年少将棋プロ棋士

katoh123

それまでの最年少記録保持者は、ご存じ、「神武以来の天才」こと加藤一二三(かとう ひふみ)元名人で、62年前の1954年8月、「14歳7ヶ月で四段昇段」を果たしていた。

藤井聡太四段昇段時点では現役棋士だった加藤一二三九段(当時76歳・現役最年長)。

藤井聡太四段(14歳)との対戦が実現すれば・・・などと言っていたら、藤井聡太デビュー戦の相手に決まり、後々、語り継がれることになるであろう「伝説の対局」が実現した(藤井聡太vs加藤一二三 棋譜 >>)。

中学生将棋プロ棋士、史上5人目

中学生将棋プロ棋士としては、藤井総太は史上5人目。

過去に中学生プロ将棋棋士は、加藤一二三のほか、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人しかいない。

chugakuseikishi

最年少将棋プロ棋士ランキング

1位:藤井総太(14歳2カ月)

2位:加藤一二三(14歳7カ月)

3位:谷川浩司(14歳8カ月)

4位:羽生善治(15歳2カ月)

5位:渡辺明(15歳11カ月)

藤井聡太プロフィール

氏名

藤井聡太(ふじい そうた)

生年月日

2002年7月19日生まれ(四段昇段時14歳2カ月)

出身地

愛知県瀬戸市

将棋を始めたきっかけ

5歳の時、お祖母ちゃんから教わる。そのお祖母ちゃんは、駒の動かし方を知っている程度の超初心者。

すぐに総太少年が「勝つことができたので、のめり込むことができた」との感想を、藤井総太自身がテレビ朝日「グッド!モーニング」の取材で語っている。

奨励会入会以前

2010年3月、東海研修会入会。

2011年に第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝。

奨励会入会

2012年9月、小学4年生の時、関西奨励会入会。

師匠

sugimoto

杉本昌隆七段。

師匠から見た藤井総太の将棋

「一見、危ない指し方をして大丈夫かな? と思えることがあるが、しっかりと読み切って勝っている。例えて言えば、ジェットコースターかな・・・」(テレビ朝日「グッド!モーニング」の取材に答えて)

四段昇段

2016年9月3日(土)三段リーグ最終戦で勝ち、四段昇段を決める。

デビュー29連勝

プロデビュー戦の加藤一二三戦(2016年12月24日)に勝利して以降、プロ29戦目の増田康宏四段戦(2017年6月26日)まで29戦全勝。

プロ将棋界のそれまでの連勝記録28(神谷広志八段)を塗り替える。

28連勝目(相手は澤田真吾六段)・6月21日に勝利した直後には、号外が出るほど日本中が熱狂。将棋のニュースで号外が出たのは史上初。

プロ30戦目・2017年7月2日の竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段に敗れ、30連勝はならなかった。

五段昇段

2018年2月1日、第76期名人戦順位戦C級2組9回戦で勝利し、順位戦最終戦を残した時点でのC級1組昇級と五段昇段を決める。

「中学生五段」は史上初。

六段昇段

五段昇段からわずか16日後の2018年2月17日。第11回朝日杯将棋オープン戦で準決勝、決勝を連勝し、中学生棋士として初の棋戦優勝。しかも、朝日杯は全棋士参加棋戦なことから、「優勝者は昇段」の規定により六段に昇段。

準決勝の相手は、この年に永世七冠を達成した羽生善治竜王。将棋ファンならずともその経過・結果に注目した。

七段昇段

六段昇段から3か月後の2018年5月18日。第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝で、井上慶太九段門下の船江恒平六段に勝利し、「六段昇段後、竜王戦連続昇級」の規定により七段に昇段。

それまで、対井上門下には、井上九段戦を含め3戦3敗していたことから、「藤井キラー井上門下」のようにマスコミが取り上げていた。

また、15歳10か月での七段昇段は史上最年少。

それまで加藤一二三が持っていた「17歳3か月」の最年少七段記録を1年5か月も更新して塗り替えた。

年間記録4冠王

2017年度(2017年4月~2018年3月)、対局数(70局)、勝数(59勝)、勝率(.843)、連勝(29連勝)の4部門で1位になった。

2017年度の将棋大賞で、特別賞と新人賞を受賞。※大賞は羽生善治竜王※

棋風

角換わり系の将棋が得意。

詰め将棋の能力がズバ抜けていることから(詰め将棋の天才)、当初、終盤型の将棋と言われることが多かったが、将棋ソフト形勢判断に照らす限り、序盤からポイントを稼いで押し切るケースが多いことが分かってきた。

好きな(尊敬する)棋士

豊島将之八段

同じ愛知県出身の棋士で、中学2年生の4月に三段リーグ参加。その3年後、16歳で四段昇段という、こちらもスピード出世棋士の代表格。

詰め将棋の天才

詰め将棋を解く早さ・正確さが凄い。

毎年春に行われる「詰将棋解答選手権(アマ、プロ問わず参加)」で、2015年度、2016年度、2017年度、2018年度と4連続優勝。

2015年度(3月開催)の優勝は、小学6年生・12歳時での快挙。

なお、詰め将棋創作も以前は好んで行っていたが、現在は、師匠からストップされているという。

人物に関するエピソード

「早くおじいちゃんになりたい」

メキメキと将棋の腕が上達し、子供同士の対戦に飽き足らなくなり、「早くおじいちゃんになりたい」と漏らしたという。

アイスクリームのフタが開けられない?

母親の「将棋は強いのかもしれませんけど、アイスクリームのフタも開けられなかったりするので・・・」との証言がある。

※大丈夫。将来、アイスクリームのフタを開けるのが得意な女性と結婚すれば無問題!

小学4年生時の関心事「尖閣問題」

小学4年生の時の文集で、関心事に関する欄に、電王戦(人間vs.コンピューターの真剣勝負)など将棋に関することの他、「尖閣問題」、「南海トラフ大地震」、「原発」などを掲げた。

※以上3つは、テレビ朝日「グッド!モーニング」より。

新幹線を「止めた」

財布を新幹線の座席に忘れて降りてしまい、発車時刻を過ぎた新幹線に1分ほど待ってもらったことも

日経電子版 http://style.nikkei.com/article/DGXMZO85937710R20C15A4000000?channel=DF280120166618&style=1

※新幹線は止めるわ、自分の連勝は他人から止められないわで、やりたい放題ですな。

服と傘を全部忘れて帰宅する事件

小学校卒業を機に一人で大阪に泊まりで行かせてみたところ「服と傘を全部(将棋会館に)忘れて帰ってきました」

日経電子版 http://style.nikkei.com/article/DGXMZO85937710R20C15A4000000?channel=DF280120166618&style=1

※彼はこの間、何を考えていたのか?

50m6秒台半ばの俊足

中学生時代の50m走のタイムが、6.8秒(6.4秒説もあり)。

ちなみに、日ハムの清宮は、50m6.3秒で「意表をついて俊足」などと言われている。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています