藤井聡太四段の終盤の読みは将棋ソフトを上回る?

藤井総太か将棋ソフトか?

昔は「終盤は村山に聞け」というのがありましたが、今は、「終盤は将棋ソフトに聞け」。

ところが・・・

将棋ソフトも気付かなかった?

2017年10月9日の叡王戦四段戦・準決勝、藤井聡太vs佐々木大地戦で、藤井聡太四段が披露した詰め手順は、対局者の佐々木四段だけでなく、将棋ソフト・ボナンザ6.0、そして、場合によってはelmoも気付いていなかった可能性があることが判明。

以下が問題の局面。

97手目の形勢判断

図は、佐々木四段が自玉に詰めろがかかっていることに気付かずに▲6四銀と打った局面。

この時の将棋ソフトの形勢判断は、elmoが+3315、ボナンザ6.0が+969と、いずれも「先手(=佐々木四段)勝勢」の判定。

私・BUTA-kunは、将棋ソフトの形勢判断ロジックがどのようなものか知らないので、このことをもって直ちに「藤井聡太>>>将棋ソフト」と見ることはできないと認識しているが・・・

形勢判断:elmo3315  ボナンザ969

elmoの読み:△5八馬(36)▲同玉(68)
ボナンザ最善手:△7六桂打

98手目の形勢判断と推奨手

一手進んだ98手目。

藤井四段は、詰み手順の一手目△5八馬と指した(elmo推奨手も同じ)。

ところが・・・

形勢判断:elmo2441  ボナンザ442

elmoの推奨手は藤井四段の指し手と同じ△5八馬だった。でも、この時点でelmoが「詰み判定」できているなら、形勢判断で+2441(佐々木四段勝勢)はないんじゃないか?

さらに、ボナンザに至っては、△7六桂が「最善手」だったわけで、△5八馬の筋が全く「見えていなかった」。

これはどう解釈したものか?

将棋ソフト推奨手よりいい手

別の将棋でも、「これはもしかすると、藤井聡太のほうが上なんじゃないか?」という期待を抱かせる終盤の局面が登場。

2018年3月22日、第66期王座戦2次予選決勝・vs糸谷哲郎八段戦。

elmoの読み:▲8五銀打
ボナンザ最善手:▲8五銀打

将棋ソフトelmo、ボナンザ6.0とも▲8五銀を推奨。

ところが、藤井聡太六段の指し手は違った。

▲8五桂を残した▲7五銀。

△8二飛という最強の受けに対し、

将棋ソフトの▲8五銀は「それならば▲9四銀以下、必至をかけますよ」という手だったと思われるが、

藤井聡太の▲7五銀は、「それならば▲8五桂以下詰ませますよ」という手だった。

これはもしかして、藤井六段の終盤力が将棋ソフトを上回っているということにならないか?

この将棋の寄せ手順&投了図以下の詰手順

勝手に結論

将棋の指し手は「選択×読み」の連続で構成されていると言っていいだろう。

読みそのものは「検証作業」に過ぎないとして、その前にある「選択」の場面で、将棋ソフトのロジックでは網羅しきれていない「お宝選択肢」はまだまだ存在するのだろう。

上記の2つの例は、その「お宝選択肢」を藤井聡太六段が選択した例と言えるのではないだろうか?

スポンサードリンク