藤井聡太七段、高校の単位は大丈夫? 出席日数と曜日別対局数

藤井七段、2019年度 曜日別対局一覧

藤井聡太七段、高校の単位は大丈夫か?

同じ曜日に対局が集中していないか?

同じ曜日に何度も学校を休むと、その曜日に授業がある科目の単位が取れなくなる危険が高まる。

高校の場合、科目ごとに、授業の全コマ数の3分の1以上を欠席するとその科目の単位が取れなくなり、進級できなくなると言われている。

高校生の2019年度の全登校日のうち、特定曜日の登校日は40日前後になると考えられる。

目安として、特定曜日の欠席が、13日以上になると危険

2018年度は、順位戦のある火曜日は学校を欠席することが多く、火曜日に授業がある科目の出席日数が足りてるのか足りてないのか?

まさに、詰むや詰まざるや? みたいな状況だったのではと推測される。

2019年度・藤井七段の曜日別対局日数

2019年度も基本は2018年度と変わらないはずで、順位戦の対局は、毎回同じ曜日になると予想され、結局最後は「終盤の精緻な読み」が勝負を分ける結果になるのだろう。

以下、藤井聡太君が「頓死」しないよう、みんなで温かく見守ってあげることにしましょうや。

※2019/4/20時点の情報

月曜日の対局

計0日。

火曜日の対局

計0日。

水曜日の対局

計1日。

1)4/24 vs.高見泰地叡王 第32期竜王戦

木曜日の対局

計0日。

金曜日の対局

計1日。

1)4/12 vs.森内俊之九段 第69期王将戦

土曜日の対局

計0日。

日曜・祝日他の対局

計1日。

1)8/11(日・祝)vs.三浦弘行九段 第40回将棋日本シリーズ

※藤井聡太七段は、2018年4月に高校(名古屋大学教育学部附属高校)に入学。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています