藤井聡太七段、帰宅部だけど優良登校生~6月下旬は球技大会か?

2018年6月10日(日)、藤井聡太五段昇段祝勝会(…の予定が3段階昇段祝勝会に変更…)があったそうで。

帰宅部&登校は無問題

ファンも交えたイベントで大盛況のようでありやしたが、そこで、藤井聡太七段の話から、高校では帰宅部(部活動不参加)だけど、対局以外の日はちゃんと登校していることが判明。

一部に存在する「高校生活が崩壊しているのでは?」との懸念を払しょくした。

6月下旬には球技大会か?

ちなみに、藤井聡太七段が通う名大附(名古屋大教育学部附属高校)では、毎年6月の中間テストの後、球技大会が行われるという。

もし、2018年度もそうだとすると、6月下旬は、19日に順位戦1回戦(vs森下九段)、22日に王座戦準々決勝(vs深浦九段)が控えており、仕事でも学校でも「正念場」が続くことになる。

特に、「藤井聡太君」の場合、50m6秒台の快速ランナーでもある。

競技によっては、戦略上重要な役割を期待される可能性もあり、クラスメートからは、

はぁ? 将棋なんて、いつだってできるじゃん!」

「年に1度の球技大会だぞォ!

将棋と俺達とどっちが大事なんだぁ!

みたいにプレッシャーをかけられることも十分に考えられる。

この手の問題に対しては、師匠の杉本先生に泣きついたところでどうなるものでもない。

そして、我々としても、ただただ見守るしかないのである。

頑張れ!藤井聡太!

<参考:高校生活編>

名人戦会場に地元高校生が乱入?→藤井聡太七段だった

・帰宅部だけど優良登校生~6月下旬は球技大会か?

高校の単位は大丈夫?

スポンサードリンク

いっしょに読まれています