藤井聡太vs渡辺明はいつ実現? 見どころは・・・

2019年2月16日、第12回朝日杯将棋オープン準決勝でともに勝ち上がった藤井聡太七段と渡辺明棋王。

「今、もっとも見てみたい対戦」と言われる対戦が決勝戦で実現した(結果はご存知のとおり 藤井vs渡辺速報)。

その後も、相変わらず勝ちまくっている両者。

以下、次の対戦が実現しそうな棋戦と、この対戦の見どころについて。

藤井vs渡辺明が実現しそうな棋戦

第32期竜王戦で「あと1勝」、第40回将棋日本シリーズで、「あと2勝+あと1勝」というところまでいったが、藤井聡太七段が敗れたため、藤井vs渡辺はしばらくの間、実現しそうにないと思われていた。

ところが…

王将戦で挑戦者決定リーグ入り

藤井七段が、第69期大阪王将杯王将戦で挑戦者決定リーグ入り。

王将リーグ星取表(成績順)&予定表

藤井七段が、王将戦の挑戦者になる可能性が高まった。

もし、藤井七段が王将戦の挑戦者になった場合、勿論、藤井vs渡辺の七番勝負となる。

藤井vs渡辺明の見どころ

中学生棋士

藤井聡太七段、渡辺明二冠、どちらも中学生で四段になった棋士。

参考:プロ棋士年少ランキング

渡辺明以来の中学生棋士が藤井聡太だった、というわけ。

…と、まずは基本事項を抑えたところで…

絶好調同士

藤井七段の場合、2017年度と2018年度に2年連続で年間最高勝率賞受賞その前の2016年度は10勝0敗だったことを考えると、「絶好調じゃない時が存在しない」ということになるわけだが…

一方の渡辺明二冠は、2018年度最多連勝賞第77期順位戦B級1組で12戦全勝(A級昇級後も連勝継続中)をやってのけるなど、こちらも「手のつけられない状態」が継続中。

まさに、「渡辺明のように勝ちまくる藤井聡太」に対し、「藤井聡太のように勝ちまくる渡辺明」といった様相を呈している。

高校生vs派閥の領袖?

渡辺明といえば、派閥の領袖(りょうしゅう)としての風格があり、同じ棋士仲間に何人も子分がいて、彼らを従えてるイメージがある。

そんな彼が、高校生棋士・藤井聡太七段と対戦することとなった場合、

ここで負けたら子分に対して示しがつかない!

といったモチベーションで臨んでくることが考えられる。

そんなわけで、藤井vs渡辺は、単なる勝負を超えた、人間ドラマとしての味と深みを醸し出す一戦になるに違いない。

参考:「渡辺親分に恥をかかせて、君たち悔しくないのか!」

渡辺ヲタが怖い(笑)

この二人の対戦、何が怖いかと言えば、渡辺明が勝った場合に渡辺ヲタが変な喜び方をしそうな点(爆)。

世間に一定数存在する「渡辺ヲタ」。

彼らが狂喜乱舞する時、それを快く思わず、ストレスを抱え込む人間が、必ずや発生するであろう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています