藤井聡太四段(当時14歳)評判の自戦記が載ってる将棋世界

中学3年生になって間もない頃に書いた藤井聡太四段(当時14歳)の自戦記が載っている将棋世界は、2017年6月号。

電子書籍版は楽天で⇒将棋世界(日本将棋連盟発行) 2017年6月号【電子書籍】

↓↓紙版はアマゾンで購入できます(2018年3月31日確認)

将棋世界 2017年6月号

中古価格
¥225から
(2018/3/31 22:22時点)

何の対局の自戦記?

自戦記は、2017年4月23日に行われたアベマTV企画「炎の七番勝負」第7局・藤井聡太四段 vs 羽生善治三冠(非公式戦)についてのもの。

この将棋の棋譜(将棋ソフト解析付)

評判

テレビ朝日「サタデーステーション」では、2018年3月31日に、「将棋世界」編集担当者の人が「どこも直すところがない。そのまま載せた」と驚いた様子を紹介。

実際に読んだ人も…

「14歳の文章とは思えない」

将棋世界 2017年6月号

中古価格
¥272から
(2018/3/31 22:54時点)

↓↓電子書籍版はコチラ↓↓
将棋世界(日本将棋連盟発行) 2017年6月号【電子書籍】

原稿を編集者に提出する前に、ご家族にチェックしてもらうくらいのことはしていたのでは?

という人もいるみたいだが、

日頃のインタビューの受け答えからしても、また、内容的にも単に「大人っぽい」というのではなく、「読み応えのある内容」になっていることからしても、

やはり、本人の能力がそのまま表れた文章とみるべきだろう。

スポンサードリンク