藤井聡太 天才過ぎ「次の一手」第56問

藤井聡太七段の実践譜を題材に、藤井聡太七段の指し手、相手棋士の指し手、将棋ソフトの推奨手などを次の一手形式にしてクローズアップし、藤井聡太の天才過ぎる一面を探っていく企画です。

56問

<<第1問 <前の問題

前問同様、藤井聡太四段プロ29戦目(連勝新記録達成局)、増田康宏四段との第30期竜王戦決勝トーナメント(2017年6月26日)の棋譜から。

先手形勢:elmo-413  ボナンザ-510

この△3二銀は「疑問手」ないし「悪手」。

「これは何か起きるのではないか?」と、野次馬たちもザワザワしはじめた頃。

藤井四段が指した、最も怪しい一手は?

・▲2三金 ・▲5三桂打 ・▲5三金


正解

▲5三桂打

先手形勢:elmo48  ボナンザ-529

次に▲3三角成 △同金 ▲4一金 を狙った▲5三桂打。

後手を「絶対にミスが許されない」状況に追い込みました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています