藤井聡太 天才過ぎ「次の一手」第5問

藤井聡太四段の実践譜を題材に、藤井聡太四段の指し手、相手棋士の指し手、将棋ソフトの推奨手などを次の一手形式にしてクローズアップし、藤井聡太の天才過ぎる一面を探っていく企画です。

5問

<<第1問 <前の問題

プロ2戦目・vs 豊川孝弘七段 第43期棋王戦 予選(2017年1月26日)の将棋を題材にしています。

形勢判断:elmo1386  ボナンザ1004

藤井四段優勢の局面。

ボナンザ6.0の最善手は▲7五桂でしたが、藤井四段とelmoは別の手でした。

その手とは?

・▲2八歩 ・▲4三桂 ・▲5三桂

正解

形勢判断:elmo2208  ボナンザ1209

「要(かなめ)の金」の6一の方の金にアタックする▲5三桂がベストという判定。

藤井四段、elmoはこの手でした。

ちなみに、ボナンザ6.0は▲5三桂を「次善手」としていました。

なお、▲2八歩だと思った方は、私・BUTA-kunの仲間とみなします。悪しからず・・・

スポンサードリンク

いっしょに読まれています