藤井聡太 天才過ぎ「次の一手」第1問

藤井聡太四段の実践譜を題材に、藤井聡太四段の指し手、相手棋士の指し手、将棋ソフトの推奨手などを次の一手形式にしてクローズアップし、藤井聡太の天才過ぎる一面を探っていく企画です。

第1問

第1問は、藤井聡太デビュー戦・対加藤一二三九段戦の棋譜から。

先手の加藤九段が▲4六角と飛車取りに出た局面。

藤井聡太四段は、飛車をどこに逃げたでしょう?

・△8一飛 ・△8三飛 ・△9二飛

正解

藤井四段の指した手は△8三飛。

つい、香車を守る△8一飛や△9二飛ばかりが浮かんでしまいがちですが(それでダメということではないと思われますが)、いかにも攻守に利いてそうな△8三飛が藤井四段の指し手。

※△8一飛だと、場合によっては8二に駒を打って飛車の縦の効きを止める手も残りそうですからね※

なお、将棋ソフトelmo、ボナンザ6.0は、当初はこの△8三飛を推奨していましたが、その後、なぜか△8一飛に変わりました。

本譜はこの後、▲2五桂 △1二歩 ▲4一金 △6九銀と進みました。

形勢判断:elmo-557  ボナンザ-293

将棋ソフトの形勢判断では、「藤井優勢」。

実際、この後、たたみかけるような攻めで藤井四段が一気に加藤玉を追い詰めました。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています