藤井聡太 天才過ぎ「次の一手」第58問

藤井聡太七段の実践譜を題材に、藤井聡太七段の指し手、相手棋士の指し手、将棋ソフトの推奨手などを次の一手形式にしてクローズアップし、藤井聡太の天才過ぎる一面を探っていく企画です。

58問

<<第1問 <前の問題

藤井聡太四段プロ30戦目、佐々木勇気五段との第30期竜王戦決勝トーナメント(2017年7月2日)の棋譜から。

先手形勢:elmo560  ボナンザ567

先手・佐々木五段の「ヒット・アンド・アウェイ」な指し回しに藤井四段が苦戦。

後手にとって「こうすれば良し」といえる順はなかなか見つからなそうですが、それでも、将棋ソフトが揃って推奨していた手がありました。

その将棋ソフト推奨の一手とは?

・△2三金 ・△8五飛 ・△8七歩


正解

△8七歩

将棋を覚えたての人なら一目の(?)この手を、elmo、ボナンザ6.0、さらには2019年3月のdolphinも推奨しました。

▲3三角成なら手順に△同金、▲7七角なら手順に△8一飛(後に、△8五桂と跳ねた手が角に当たる)。

本譜は△8七歩ではなく、△2三金。

先手形勢:elmo325  ボナンザ131

その後も藤井四段の苦戦が続き、プロ入り後、初の黒星がつきました。

まで101手で佐々木五段の勝ち。

佐々木五段の周到な準備

藤井四段の30連勝を阻止した佐々木勇気五段(当時)。

藤井四段の29戦目に現地に赴いて「偵察」をするなど、この一戦に並々ならぬ決意で臨んだことが伝えられています。

そして、この勝利によって、「佐々木勇気」の名前が将棋史に刻まれ、さらには、全国的に知られることにもなりました。

※↑は、2019年3月時点、ヤフージャパンの検索窓で「佐々木勇気」で検索した場合に出現する候補ワードです、

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています