藤井聡太 天才過ぎ「次の一手」第39問

藤井聡太七段の実践譜を題材に、藤井聡太七段の指し手、相手棋士の指し手、将棋ソフトの推奨手などを次の一手形式にしてクローズアップし、藤井聡太の天才過ぎる一面を探っていく企画です。

39問

<<第1問 <前の問題

プロ17戦目、西川和宏六段との第67期王将戦一次予選7組3回戦(2017年5月12日)の棋譜から。

先手形勢:elmo-4773

既に、藤井四段必勝の局面と言えそうですが、藤井四段らしく決める次の一手は?

・△3八金 ・△3九銀 ・△5八同と


正解

△3八金

まで84手で藤井四段の勝ち。

これで即詰。

以下、▲同銀 △3九銀 ▲同玉 △4八金

▲2八玉 △3八金

ここで、▲1八玉が最強の抵抗ですが、

△2八金 ▲同玉 △5八龍とし、

▲3八金なら、△同龍 ▲同玉 △4七と 以下。

金以外の合駒なら、△3九銀 ▲同玉 △4八と 以下。

遡って、△3八金に同玉なら、

△4七と

▲3九玉なら、△3八金 ▲同銀 △同と ▲同玉 △5八龍 以下。

△4七とに対し、

▲2八玉でも、△5八龍以下(または、△3九銀 ▲同玉 △3八金 ▲同銀 △同と ▲同玉 △5八龍)以下)詰み。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています