藤井聡太 天才過ぎ「次の一手」第26問

藤井聡太七段の実践譜を題材に、藤井聡太七段の指し手、相手棋士の指し手、将棋ソフトの推奨手などを次の一手形式にしてクローズアップし、藤井聡太の天才過ぎる一面を探っていく企画です。

26問

<<第1問 <前の問題

藤井四段がプロ入り後、公の場で「初めて負けた」一戦、アベマTV企画「炎の七番勝負」第2局・vs永瀬拓矢六段(2017年3月19日)の棋譜から。

先手形勢:elmo-478  ボナンザ-250

後手・永瀬六段の手番。

一見、後手は有効に動かす駒がなさそうですが、「なるほど…」という展開を見せました。

永瀬六段の次の一手は?

・△2一龍 ・△3四龍 ・△7一角

正解

先手形勢:elmo-551  ボナンザ-245

○※永瀬六段とボナンザが一致。

この△7一角自体はどうってことのない手ですが、次に△7四龍とし、△4四歩と突くことで、後手陣の駒が生き生きと動き始めました。

先手形勢:elmo-475  ボナンザ-371

スポンサードリンク

いっしょに読まれています