藤井聡太 天才過ぎ「次の一手」第30問

藤井聡太七段の実践譜を題材に、藤井聡太七段の指し手、相手棋士の指し手、将棋ソフトの推奨手などを次の一手形式にしてクローズアップし、藤井聡太の天才過ぎる一面を探っていく企画です。

30問

<<第1問 <前の問題

藤井聡太四段プロ11戦目、小林裕士七段との第67期王将戦一次予選(2017年4月4日)の棋譜から。

先手形勢:elmo842  ボナンザ533

※elmo「悪手」判定。

藤井四段が苦しい展開でしたが、この▲7四歩が当然に見えて不用意な一手だったようです。

藤井四段の次の一手から流れが変わりました。

・△6五桂 ・△8五歩 ・△9六歩

正解

△6五桂

▲同歩なら、△6六歩が厳しい手になりそう(それでも▲同歩だったか?)。

本譜は、△6五桂以下、

▲7三歩成 △同金 ▲6一と △8五歩 …と進み、藤井ペースに。

先手・小林七段の対応の誤りもあり、104手で終局となりました。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています