藤井聡太 天才過ぎ「次の一手」第2問

藤井聡太四段の実践譜を題材に、藤井聡太四段の指し手、相手棋士の指し手、将棋ソフトの推奨手などを次の一手形式にしてクローズアップし、藤井聡太の天才過ぎる一面を探っていく企画です。

第2問

<<第1問

第2問も、藤井聡太デビュー戦・対加藤一二三九段戦の棋譜から。

8三の飛車の横利きがあるため、後手玉はトン死はしにくい局面。

藤井四段の寄せの一手は?

・△8六歩 ・△8六香 ・△8六銀

正解

藤井四段の指した手は△8六銀。

※将棋ソフトelmoは当初△8六銀、その後△8六香。将棋ソフトボナンザ6.0は△8六銀※

ここ、△8六香というのはよくある手筋ですが、本局の場合は、先手玉を8七~8六~8五…と引っ張り出してきた場合に、△8三香のような手で上部脱出を阻止する手を残しておいた方が寄せやすいということなのでしょう。

また、7七の地点に利く意味でも、この局面では△8六香よりも△8六銀が勝るということなのかもしれません。

実践は、▲3一角成 △同玉 ▲6四角 △4二香 ▲7七銀と進み、

ここから△8七銀成 ▲同玉 △8六銀以下、即詰みで藤井四段が勝利しました。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています