藤井聡太七段が「最年少八段」を達成する期限・条件

2020年6月4日に「最年少タイトル挑戦」記録を30年半年ぶりに更新。1か月後の7月16日に「最年少タイトル獲得」記録をも更新した藤井聡太棋聖。さらに…

参照:最年少タイトル

これで「最年少」がつく記録は、

四段昇段(前・加藤一二三)

棋戦優勝(前・加藤一二三)

六段昇段(前・加藤一二三)

七段昇段(前・加藤一二三)

八段昇段前・加藤一二三)

通算100局目到達時点ー(前・羽生善治)

通算100勝到達時点ー(前・羽生善治)

タイトル挑戦(前・屋敷伸之)

タイトル獲得(前・屋敷伸之)

最年少タイトル獲得に続き、2020年8月20日、2つ目のタイトルを獲得したため、「最年少八段」の記録も塗り替えた。

※それまでの「最年少二冠」は、羽生善治当時二冠の21歳11か月。

ここでは、最年少八段について見てみる。

最年少タイトル獲得についてはコチラ>>

18歳3か月と0日

2020年7月時点の最年少八段の記録保持者は加藤一二三元名人(以下「ひふみん」)。

藤井二冠が塗り替えるまで、最年少の四段六段七段棋戦優勝の記録保持者もこの人・ひふみんだった。

※最年少五段(15歳3か月)は依然、ひふみん。また、最年少A級(18歳3か月)は藤井二冠が更新する可能性はない。

1940年1月1日生まれ。

八段昇段は、1958年4月1日。

八段昇段時点の年齢は、18歳3か月と0日

[期限]藤井七段はいつまでに?

藤井棋聖(七段)の生年月日は、2002年7月19日。

18歳3か月と0日を「更新」するためには、2020年10月18日までに八段昇段する必要があった。

※2020年10月19日に八段昇段ならタイ記録。

[条件]10/18までに八段になるには?

藤井七段(棋聖)が2020年10月18日までに八段に昇段するにはどのような条件をクリアしなければならなかったか?

まず、七段の棋士が八段に昇段するには…

1)竜王位1期獲得

2)順位戦A級昇級

3)七段昇段後公式戦190勝

4)タイトル2期獲得

のいずれかが達成されなければならない。

そして、藤井棋聖(七段)が10月18日までに達成可能な条件は、4)のタイトル2期獲得のみ。

参照:藤井聡太七段が最短で八段に昇段する条件~最短でいつ?

具体的には、

・第69期王位戦でタイトル奪取

のみだった。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています