藤井聡太七段が八段に昇段する条件~最短でいつ?

2018年5月18日に七段に昇段した藤井聡太七段。

七段昇段後間もないにも関わらず、早くも「藤井七段が八段に昇段するのはいつか?」という話題が起こっているという。

そもそも、将棋の段・級というのは、英検の級などとは違い、その数値が能力を如実に表すものにはなっておらず、「昇段したから何なの?」と聞かれたらそれまで…という気がしないでもない。

…とは言うものの…

「実績の積み重ね」がない限り、昇段には結びつかないルールになっており、ただ長くそこにいて、忖度だの服従だの続けていればそのうち…というものとは違うのも確か。

そこで…

八段昇段規定

将棋連盟の八段昇段規定は、

・竜王位1期獲得

・順位戦A級昇級

・七段昇段後公式戦190勝

となっていて、2018年6月1日より、

タイトル2期獲得

という要件が加わった。

(参照:将棋連盟の八段昇段規定改定

藤井七段が八段になる方法

以上から、藤井七段が八段に昇段する方法を早そうな順に並べると次のようになる。

※2018年6月5日対局終了時点※

1)竜王獲得(10月~12月ごろ)

2)王座獲得(9月~10月ごろ)+棋王獲得(2月~3月ごろ)

※以上、2018年度中に達成可能※

3)上記以外の組み合わせでタイトル2つ獲得

4)獲得したタイトルを1期防衛

5)順位戦A級昇級(最速で2021年)

6)公式戦あと188勝

参考資料

第31期竜王戦

※情報確認2018/6/6※

あと5連勝で決勝進出。

決勝は先に2勝した方が竜王挑戦権を得る。

竜王挑戦者となった場合、先に4勝したら竜王獲得。

※上記プロセスを踏むにはあと11勝必要。

第66期王座戦

※情報確認2018/6/6※

あと3勝で王座挑戦。

王座挑戦者となった場合、先に3勝したら王座獲得。

※王座獲得まで、あと6勝必要。

第44期棋王戦

※情報確認2018/6/6※

あと最低6勝で棋王挑戦権獲得。

棋王戦は先に3勝したら棋王獲得。

※棋王獲得まで、最低あと9勝必要。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています