藤井聡太 天才過ぎ「次の一手」第7問

藤井聡太四段の実践譜を題材に、藤井聡太四段の指し手、相手棋士の指し手、将棋ソフトの推奨手などを次の一手形式にしてクローズアップし、藤井聡太の天才過ぎる一面を探っていく企画です。

7問

<<第1問 <前の問題

プロ4戦目、vs 浦野真彦八段 第67回NHK杯予選(2018年2月23日)の将棋を題材にしています。

形勢判断:elmo173  ボナンザ180

後手は、形にこだわらない浦野八段らしい陣形。

でも弱点はあるはず。

藤井四段と将棋ソフトelmoが一致した次の一手は?

・▲3六歩 ・▲4六金 ・▲6一角

正解

形勢判断:elmo271  ボナンザ204

藤井四段とelmoが一致したのは▲6一角。

普通は、3二にいるのが金で、3四にいるのが銀ですが、本局ではその金と銀が逆。

やや上ずった感のある陣形なので、下から突き上げるようにした方がいいのかも。

確かに、場合によっては▲4三角成~▲5三金~▲4三歩みたいな手もありそう。

金がナナメに並んでいる時に、角で狙いをつける・・・

覚えとこ。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています