藤井七段、歴代年間勝率ランキング1位更新するか?

藤井聡太七段の2018年度の勝率。

2019年2月16日の朝日杯準決勝・決勝で連勝。

年度成績40勝7敗で、年間勝率は.8511に。

歴代年間勝率ランキング

歴代年間勝率ランキングに、藤井七段の2018年度成績をねじ込むと…

ランキング参照:将棋連盟公式

・・・というわけで、このまま2018年度を終えたら、中村太地と並び、歴代2位となる。

あと何回勝つと歴代1位?

2018年度も残すところ2か月弱。

中原先生の47勝8敗・8割5分5厘を上回るためには、年度内残り何勝何敗以上でいかなきゃならないか?

2/16の対局終了時点:年度40勝7敗 .8511

年度7敗のまま

7敗⇒最終成績42勝7敗(残り2勝0敗)なら.857 >.855

⇒歴代1位更新

※最終成績41勝7敗(残り1勝0敗)だと.854 <.855

年度8敗

8敗⇒最終成績47勝8敗(残り7勝1敗)で歴代1位タイ。

∴最終成績48勝8敗(残り8勝1敗)なら.857 <.855

⇒歴代1位更新

結論

残り2か月弱の対局数からして、残り2勝0敗以上で歴代年間勝率1位を更新できる。

※逆に、1回負けたら多分ダメ。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています