第77期順位戦、杉本・藤井 師弟同時昇級の条件

2・5決戦で藤井七段、杉本七段がともに敗れたため、師弟同時昇級の可能性は大きく後退。

とは言うものの、3月5日(火)の最終戦の結果次第では実現する。

1986年度・第45期順位戦B級2組、大内延介九段-塚田泰明六段(当時)以来の師弟同時昇級を、果たして我々は目にすることになるのか?

その条件・パターンとは?

状況おさらい

※その後、杉本七段は八段に昇段。

残り1節の時点で、杉本八段自身は昇級圏内の2位にいるため、「勝てば文句なしで昇級」という立場にある。

一方、藤井七段は、番付の関係で現状「4番手」。自身が勝つことは勿論、その上で、上位3人のうちの2人以上がコケないと上には行けない。

条件・パターン

そんなわけで、師弟同時昇級が実現するパターンはただ1つ。

藤井〇 杉本〇 かつ、近藤● 船江● の場合のみ。

大したことじゃない

・・・とまあ、同時昇級だなんだと言っているが、

最も肝心なことは、

同時昇級がなんだ!

あの地平線を昇る太陽を見てみろ!

 

同時昇級なんて、大したことないじゃないか!

たかがこんなこと位でウジウジすんな!

…というあたりではなかろうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています