藤井聡太四段[速報]27連勝~現役東大生に圧勝

2017年6月17日(土)に行われた藤井聡太四段vs.現役東大生・藤岡隼太アマ。

天才中学生vs現役東大生(元奨励会員)という図式がマスコミ受けしたこともあり、大注目の一戦となるも、やはりそこは「将棋のプロ」。

力の違いを見せつける形で藤井四段の圧勝となった。

この将棋の棋譜(将棋ソフト解析付き)はコチラ>>

将棋の内容

藤岡アマの先手でスタートしたやや変則的な相居飛車。

いわゆる「雁木」に組んだ藤岡アマは早々に▲6五歩と突き、意欲的な序盤を見せる。

その後、藤井四段は、先手陣の弱点(9筋)と、伸びているところ(6筋)から攻めを展開。

主導権を握ると見るや、一気にスパート・・・

飛車を△8六~△7六、そして、△7八飛成と大胆な手順を披露する。

相手がガードしていてもその上から強烈なパンチを打ちつける・・・

△2八馬でも勝てそうなところ、あえて△3三同桂!

あとは「詰め将棋」の世界。

これで27連勝。

次はいよいよ、歴代1位タイをかけた28連勝目。相手は、前回大苦戦した澤田真吾六段(6/21)。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています