藤井聡太速報 プロ31戦目7/6対中田功 順位戦C級2組

藤井聡太、プロ31戦目。2017年7月6日の順位戦C級2組・中田功七段戦の経過&結果速報です。

プロ30戦目で初黒星を喫した藤井聡太四段。

その直後の対局が本局です。

リクエストに応えて?

藤井聡太四段の相手は中田功七段。

戦型は、視聴者のリクエストに応えて(?)、藤井四段の居飛車穴熊 vs 中田七段の三間飛車・コーヤン流の闘いとなった。

コーヤン流とは?

コーヤン流とは、対居飛車穴熊の時、角のニラミを生かしながら端攻めで攻略する振り飛車の指し方。

タイミング良く飛車を切って角を持ち駒にし、その角を要所に打ち据えて居飛車穴熊を一気に仕留めるのが理想的な展開。

中田功(いさお)七段のオリジナル戦法で、中田七段の愛称が「コーヤン(功やん)」なところから命名された。

スポンサードリンク

経過

昼食休憩前に駒がぶつかる

昼食休憩直前に駒がぶつかり・・・

昼食休憩後

休憩直後、激しい殴り合いの様相に・・・

形勢判断は「互角・いい勝負」か。

スポンサードリンク

午後4時

中田七段は得意の飛車切り(△2四飛)で角を持ち駒にし、直後に△4九角と打って踏み込んでいく。

コーヤン流(中田七段)のペースか?

午後5時

振り飛車らしいさばきの手が出て、中田七段優勢か。

午後6時

夕食休憩前の局面。

中田七段優勢と思いきや、意外と難しいか?

スポンサードリンク

午後7時20分ごろ

歩を成らせない指し方も普通にできたのに、歩を成らせるとは・・・

午後8時30分ごろ

打ち歩詰めの形に救われている藤井玉。

中田玉は詰めろも、受けが効く形。

午後9時ごろ

藤井四段、ピンチを凌いだか?

指し手が分かりやすいのは藤井四段の方。

午後9時50分

藤井四段勝勢に。

△7七馬なら、▲同桂 △9八歩 ▲同銀で受け切り。

夜10時15分頃

中田七段投了。

藤井聡太四段、再び連勝街道をひた走るか?

投了図以下は、△7一玉 ▲5三角 △8一玉 ▲9二銀~▲9三歩成以下即詰み。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています