藤井聡太七段vs里見香奈女流四冠 対局日&お色気作戦の可能性

第90期ヒューリック杯棋聖戦(いわゆる棋聖戦)の藤井聡太七段 vs 里見香奈女流四冠の対局日がついに決定。

この二人の対局、どんな展開を見せ、どんな結果になるのか?

そして、あなたが真っ先に考えた(?)里見女流四冠による「お色気作戦」の可能性について。

8/24(金)は「祭り」か

・・・というわけで、2018年8月24日(金)は、将棋ファンは勿論、場合によっては、マスコミの「煽り」によって、広く一般人もが注目する「祭り」状態になることが予想される。

※昨今の「マスコミはもっと他に報道することがあるだろう!」という論点はとりあえず置いといて…

どんな展開に?

先手後手に関係なく、里見四冠は、この対局でもゴキゲン中飛車を採用すると思われる。

一方、藤井七段は、オートマチックに対応するはず。

里見四冠の藤井評

2018.8.24決戦に向けた里見女流四冠の意気込みが、地方紙に掲載された。

里見四冠は藤井七段について、

「学業と両立させながら相当な努力をしていると感じる」

「私は玉を囲ってから…。藤井七段は隙があればすぐ仕掛ける…」

などと分析しているよう。

結果はどうなる?

「どっちが強い(格上)か?」ではなく、「どっちが勝つか?」ということで言うなら、それは「どうなるか分からない」。

女流棋士・女性棋士は普通に強い

昨今、女流棋士や女性奨励会員の棋力向上は目を見張るものがあり、例えば、先日、加藤桃子女王(当時・現奨励会初段)がNHK杯で及川拓馬六段に「頓死」を食らわせて勝利したことが広く知られている。

もっとも、それを「驚き」として受け取った人はそんなに多くはないと思われる。

今回の棋聖戦、里見四冠は、1回戦で村田智弘六段に勝利している。

<1次予選・ヘ組>

中学生名人も女子

2018年夏の全国中学生名人戦では、 大会史上初の女性中学生名人が誕生したというニュースもある。

日本 vs ベルギーと同様?

思えば、2018FIFAワールドカップ。

FIFAランキング61位の日本が、同3位のベルギー相手に、決勝トーナメントで「あわや」という展開を見せた。

ランキングの差なんてものは、見た目ほどのものはない。

藤井vs里見戦も、目を離せない展開になると予想(無難にね…)。

里見四冠による「お色気作戦」の可能性

お待ちかね、里見香奈女流四冠による「お色気作戦」の可能性について。

藤井七段には通用しない?

ご存じの通り、藤井聡太七段は、男女共学の名古屋大教育学部付属高校に通学。

「女性が目の前に現れただけでドキドキ、モジモジする」という環境には元々ない。

さらには、NHK桑子真帆アナや、テレ朝「グッドモーニング」出演・新井恵理那キャスターといったキレイどころからの「流し目インタビュー」を受けたばかり。

※実際、ヘラヘラすることもなく応対していた。

なので、藤井聡太七段に対しては、ウッフン、アッハンな作戦は基本通用しない。

それに・・・

林葉直子じゃあるまいし…

里見サイドから見て、奇策を練るのではなく、「相手をリスペクトしすぎず」「いつも通りに」行う方が可能性は高いと考えられる。サッカー日本代表のように…

実際、こういう境遇になった時に本気で「お色気」という禁じ手を使いそうなのは林葉直子先生くらいなもの

里見サイドは「お色気作戦」というオプションについては、「林葉直子じゃあるまいし…」という程度の認識しか持ち合わせていないのではなかろうか?

スポンサードリンク

いっしょに読まれています