2018/8/24藤井vs里見 勝負の分かれ目はココだった

2018年8月24日(金)第90期ヒューリック杯棋聖戦1次予選の藤井聡太七段 vs 里見香奈女流四冠。

途中までは、里見女流四冠が好調に見えたが・・・

勝負の分かれ目はココだった

先手形勢:Apery133(互角) elmo7(互角)

ここでは、先手・里見女流四冠にやや分があると思われる局面。

ここから、2手進んだ局面。

先手形勢:Apery226(里見指しやすい) elmo30(互角)

当然、ここは▲4四歩・・・(里見四冠もそう指した)

と思いきや・・・

※aprey「悪手」判定。

※elmo「悪手」判定。

これに対し、藤井七段は平然と△4四同歩。

先手形勢:Apery-473(藤井有利) elmo-330(藤井有利)

▲6六歩に△1八歩が「次の一手」のような手筋で、これで一気に藤井七段に流れが傾いたといえそうだ。

先手形勢:Apery-523(藤井優勢) elmo-314(藤井有利)

もっとも・・・

先手形勢:Apery-362(藤井有利) elmo-597(藤井優勢)

将棋ソフトはApery、elmoとも、金取りを放置して▲2五銀を推奨。

これだったら、あるいは、里見女流四冠にもまだ可能性があったかもしれない。

本譜は、金取りを防いだ▲5八銀打だったが…

これがまた、Apery、elmoから「悪手」判定される。

数手後に、飛車を切ってこの銀を取る手が決め手になり、

先手形勢:Apery-2385(藤井勝勢) elmo-2636(藤井勝勢)

以下も安定の寄せ手順で藤井七段が勝利した。

先手形勢:Apery-Mate:17(藤井勝利確定的) elmo-Mate:17(藤井勝利確定的)

まで82手で藤井七段の勝ち。

投了図以下の手順

結果論ではあるが、こうなると分かっていたら、里見女流四冠は、林葉直子に「お色気作戦」のやり方でも聞いといた方がよかったか・・・

スポンサードリンク

いっしょに読まれています