2018/3/8藤井聡太vs杉本昌隆・指し直し局[速報]形勢判断

2018年3月8日(木)第68期王将戦1次予選・藤井聡太六段 vs 杉本昌隆七段の千日手指し直し局の速報&将棋ソフト形勢判断です。

※棋譜情報はネット上で無料取得したものです※

千日手指し直し局・棋譜(将棋ソフト解析付き)はコチラ>>

千日手局の速報・将棋ソフト形勢判断はコチラ>>

先後入れ替わって・・・

千日手から30分後の午後1時50分頃、先手と後手が入れ替わって、指し直し局がスタート(藤井六段の先手)。

無敵居飛車穴熊へ

速いテンポで進行し、杉本七段の四間飛車に対し、藤井六段は公式戦負け知らずの居飛車穴熊へ。

ちなみに、杉本七段は「藤井(猛)システム」風。

師匠・杉本七段が動く

将棋ソフト形勢判断:elmo+81(互角・藤井寄り)

午後2時半頃の局面

将棋ソフト形勢判断:elmo+104(藤井指しやすい)

午後3時頃の局面

将棋ソフト形勢判断:elmo+58(互角・藤井寄り)

指し直し局も接戦。好勝負になりそうな雰囲気。

午後3時半頃の局面

将棋ソフト形勢判断:elmo+4(互角・藤井寄り)

完全に互角の中盤。ここでelmoの推奨手は△6六歩。

杉本七段の指した手は△3五同歩。

午後4時頃の局面

将棋ソフト形勢判断:elmo+263(藤井指しやすい)

後手の角の利きが良く、後手が指せているようにも見えますが、△4六飛を切り札にできない(▲3七角がある)ので、意外と手は限られているということか?

午後4時半頃の局面

将棋ソフト形勢判断:elmo+517(藤井優勢)

9九にいた玉を8九に寄って、後手の角筋を避けたところ。

いつもと同様、自然な指し手で局面をリードする藤井六段のペースになってきたか。

午後5時頃の局面

将棋ソフト形勢判断:elmo+1047(藤井優勢)

藤井六段、銀香交換の駒得の上、さらに角も詰ませた状況。

スコア上も、安全圏の+1000を超えた。

午後5時半頃の局面

将棋ソフト形勢判断:elmo+1345(藤井優勢)

藤井六段が間違えにくいと思われる展開。

午後6時頃の局面

将棋ソフト形勢判断:elmo+1898(藤井勝勢)

二歩でも打たない限り、藤井六段の勝利は間違いない。

いつ杉本七段が投了してもおかしくない局面が続く。

それでも指し続けるのは、「師匠としての務め」なのか?

午後6時20分頃の局面

将棋ソフト形勢判断:elmo+4028(藤井勝勢)

杉本師匠が何を思って指し続けているのか?

多くの人の関心はそちらの方に向かっている。

ついに投了

将棋ソフト形勢判断:elmo+3867

まで、111手で藤井六段の勝ち。

最後まで緩むことなく、おそらく最善の寄せで藤井六段勝利。

これで14連勝。

スポンサードリンク