2017/11/29藤井聡太四段 vs 大橋貴洸四段 棋聖戦予選速報

2017年11月29日(水)の藤井聡太四段 vs 大橋貴洸四段 棋聖戦一次予選決勝の将棋の速報です(棋譜・将棋ソフト解析はコチラ>>)。

藤井聡太四段の先手でスタート

 

2017年度は後手ばかりでしたが、このブログでそれを取り上げた途端、先手が続くこととなりました(藤井聡太四段、先手の勝率・後手の勝率)。

横歩取りの将棋に

9月22日に行われた銀河戦 vs上村亘四段戦で、藤井四段はプロ入り後、初めて先手での黒星を喫しましたが、この時、後手の上村四段の採用した戦法は横歩取りでした(藤井 vs 上村 棋譜&将棋ソフト解析)。

そのことを意識したのか否か、大橋四段はこの将棋で横歩取りを採用。

10時に開始して以降、ポンポンと指し手が進んでいます。

大橋四段が初シュート

10:40過ぎ、大橋四段がこの将棋初めて、攻撃的な一手を指す。

まずは、「初シュート」と言ったところか。

以下、▲7七銀 △5四角 ▲5六歩 △7六銀・・・と横歩取りらしい激しい展開に。

桂ポン出ました!

一手前、大橋四段の△4二玉に対し、藤井四段は、得意の(?)▲4五桂。

これに対し、大橋四段は銀を逃げずに△3七歩。

藤井四段、一分将棋に

藤井四段、この局面で一分将棋に。

▲6七銀 △3八銀に、▲7九飛と指す。

大橋四段、時間攻め?

受け間違えが許されない藤井四段に対し、大橋四段が間髪入れずに指すシーンが多い。

時間攻めか?

藤井四段は、「9」まで読まれて指すシーンが目立つ。

白熱の終盤戦

果たして、どちらが勝っているのか?

この局面、1分将棋の中で藤井四段が指した手は▲4八玉でした。

大橋四段は、飛車を受けに使う方針か?

最終盤。

この▲4五桂は詰めろではない?

後手も受けが効かない形。

あとは、藤井玉が詰むか詰まないか?

この歩がいい手で藤井玉は詰み。

投了図

まで、100手で大橋四段の勝ち。

投了図以下の手順

投了図以下は、▲同玉 △5八銀不成

▲同玉 △4八金 ▲5七玉 △8七飛成(△6八銀打)まで。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています