王将リーグ、残留ボーダーライン

第69期王将戦挑戦者決定リーグ(王将リーグ)で、番付5位の藤井聡太七段がリーグ残留を決めるためには、何勝何敗以上が必要か?

通常、残留決定は挑戦決定より先に訪れるもの。

果たして、そのボーダーラインは…

以下、過去20回分の王将リーグデータを基に分析すると…

ボーダーは4勝2敗

理論上、4勝2敗以下だと陥落(下位3名)の可能性がある。

また、1勝5敗以下だといかなる条件の下でも陥落する。

番付5位(予選勝ち上がり組)の藤井七段の場合、4勝2敗なら残留、3勝3敗だと危険、2勝4敗だと絶望的となる。

残留ボーダーライン

※第49期(1999年度)~第68期(2018年度)と同じ状況が発生した場合に、番付5位の棋士がどうなるか? のデータ。「PO」は残留プレーオフ。

参照:[Youtube]王将リーグ残留ボーダーライン解説動画

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています