2019/10/7 藤井聡太vs豊島将之 勝敗予想~この時の表情で結果が分かる?

2019年10月7日(月)の第69期大阪王将杯王将戦・挑戦者決定リーグ。藤井聡太七段 vs 豊島将之名人。

勝つのはどっち?

「天下の豊島名人」と思うと…

思えば、7月23日の第32期竜王戦決勝トーナメント。

先手形勢:dolphin195(藤井指しやすい) ぽんぽこ235(藤井指しやすい)

藤井七段がやや良しと思われたところで、豊島名人が△2六歩と、怪しげな一手を繰り出してきた。

ここで藤井七段が、▲同飛と取っていれば、藤井七段に流れが傾いたと思われたところだったが、実際に指した手は▲3九飛だった。

※dolphin「疑問手」判定。

※ぽんぽこ「悪手」判定。

天下の豊島名人に「取ってごらん」と言われたから取れなかった…ということはないだろうか?

もっと格下の相手だったら、平然と▲同飛と取ったんじゃなかろうか?

というわけで…

相手を「格下のトヨピー」と思えば…

「天下の豊島名人」を

「格下のトヨピー」に置き換える…

つまり、今日の相手は豊島名人ではなく、「もっと弱いトヨピー」と想定すれば、判断ミスを犯さなくて済むというわけ。

「格下のトヨピー」とは?

では、「格下のトヨピー」に相当するのはだれか?

答えは簡単。

元奨励会員で「泣き虫しょったんの奇跡」を映画化した、豊田利晃監督がまさにそれ。

この局面。

相手が豊田監督だったら、藤井七段は、平然と▲2六同飛と取ったに違いない。

元祖「トヨピー」は危険な香り?

ところで、将棋界の「トヨピー」と言えば、もう一人、豊川孝弘七段のことがすぐに思い浮かぶ。

だが、藤井七段は、間違っても、豊島名人を豊川七段に「置き換え」てはいけない。

なぜなら…

両取りになった時…

藤井vs豊島と言えば、角換わりになる可能性が高い。

そして、角換わりになった場合、いつでも、▲6三銀 △同金 ▲7二角の飛車金両取りの筋がつきまとうもの。

ところが、この「両取り」が「豊川七段」とかぶると、とんでもないことになる。

それは…

両取りヘップバーン


豊川孝弘の将棋オヤジギャグ大全集 [ 豊川孝弘 ]

王将戦挑戦権を争っている最中に、「両取りヘップバーン」も何もないものだ。

リラックスは大事だが、リラックスしすぎは一番いけない。

「トヨピー」つながりとはいえ、ここで豊川七段を意識したら負けだ。

勝敗予想

…というわけで、10/7の藤井vs豊島。

勝敗予想についてまとめると、両取りの局面で、藤井七段が「両取りヘップバーン」を思い出してニタつくとか、必死に笑いをこらえて下を向くとかしていたらピンチ!

逆に、両取りでも無表情で過ごしていたら藤井勝ち!

といったあたりではなかろうか?

10/7 藤井vs豊島 速報&AI形勢判断

<10/7 中継情報>

将棋プレミアム(有料)

将棋連盟ライブ中継アプリ(有料・文字解説)

・囲碁将棋チャンネル(CS)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています