王将戦挑戦者決定リーグ挑決・残留・プレーオフルール

王将戦挑戦者決定リーグ(以下、王将リーグ)の挑戦者決定および残留・陥落ルールについて。

対局数

参加者7人。総当たりのリーグ戦。

1人6局ずつ対局する。

※リーグ全21局。

成績が同じ場合の順位

同じ成績(勝敗)の者が複数存在した場合、その間では、番付順位(シード順位)が優先する。

シード順位

前期王将リーグ残留4人>予選勝ち上がり3人。

残留4人の間の順位は、前期王将リーグ成績順。

予選勝ち上がり3人は全員5位。

※予選勝ち上がり3人のうち、2人または3人が同じ成績で残留した場合、翌期も同じシード順位。

→第69期、予選勝ち上がりの藤井七段(当時)と羽生九段は共に4勝2敗で残留

→第70期、藤井二冠と羽生九段は同じシード順位(共に3位)

挑戦者決定ルール

優勝者(成績最上位者)が王将戦七番勝負の挑戦権を得る。

成績最上位者が複数存在した場合、原則、上位2名のみによるプレーオフで決する。

成績最上位✕上位2名が確定しない場合

成績最上位者が3名または4名で並び、うち、2名または3名が同じシード順位で、「上位2名」が確定しないことがある。この場合、3者または4者によるプレーオフとなる。

※そのプレーオフはトーナメント戦になる。

※理論上、4勝2敗は最大5人発生する可能性がある。

残留・陥落ルール

成績下位3名がリーグ陥落。

同じ成績の場合、シード順位が下の方から順に陥落。

同シード順位者によるプレーオフ

残留ボーダーラインとなる4位が、複数の同シード順位者で並んだ場合、残留・陥落はプレーオフによって決する。

3人で残留プレーオフを行う場合

3人で残留プレーオフを行う場合、そのプレーオフはトーナメント戦になる。

王将リーグ3者残留プレーオフ・リーグ表

残留プレーオフ
王将リーグ3者残留プレーオフ・トーナメント表

※この時は、最終的に、谷川棋王、郷田九段、阿久津五段が陥落。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています