藤井聡太七段、第61期王位戦リーグ vs菅井八段戦が大一番

2020年3月27日(金)、第61期王位戦挑戦者決定リーグ・菅井竜也八段 vs 阿部健治郎七段の対局が行われ、菅井八段が勝ち3勝0敗に。

白組の優勝争いは、菅井八段、同じ3勝0敗の藤井聡太七段、2勝1敗の羽生善治九段の3人に絞られた。

4/10 藤井vs菅井 AI形勢判断

次戦は大一番

例年、最終戦3局は同時に行われ、その最終戦が他の対局より前に行われることもないようなので、藤井七段の次の相手は、菅井八段で間違いなさそう。

※藤井七段の最終戦の相手は、阿部健治郎七段。

第61期王位戦挑戦者決定リーグ星取表&日程

勝った方がプレーオフ以上確定

王位戦リーグは、「4勝1敗の1位」が複数(2人か3人)発生した場合、番付に関係なく、その全員でプレーオフをすることになっている。

王位戦リーグ挑決・残留ルール

3勝0敗が2人いて、その2人が対戦をすれば、当然のことながら、どちらかが「唯一の4勝0敗」になる。

なので、藤井vs菅井の勝者は、その時点でプレーオフ以上の権利を獲得する。

詳細>>[Youtube]2020王位戦リーグ~残り2局、白組優勝パターン一覧

負けたら「神様、羽生様…」

では、藤井七段が菅井八段に敗れたら絶望かというとそうでもない。

最終戦で阿部健治郎七段に勝つことが最低条件となるが、菅井八段の最終戦の相手は羽生九段。

藤井●○菅井かつ、羽生九段が3勝1敗でこの対局を迎えた場合、羽生九段には自力で挑戦権を獲得する道が残っている。

1年以上タイトル戦から遠ざかっている羽生九段ではあるが、タイトル通算100期に向け、そろそろ準備が整ってもいい頃。

こうなった場合、藤井七段サイドとしては、「神様、羽生様、仏様」と羽生九段の神通力に大きな期待を寄せることになる。

4/10 藤井vs菅井 AI形勢判断

[Youtube]2020王位戦リーグ~残り2局、白組優勝パターン一覧

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています