藤井聡太七段が紀平梨花と共にひな人形[期待びな]に

2019年1月23日、東京都台東区の人形店「久月」が、2019年に活躍が期待される人を題材にした「今年の期待びな」の展示を始めた。

※期待びなは「非売品」とのこと※

お内裏様は藤井聡太七段、お姫様は紀平梨花(フィギュアスケート)になったとか。

なお、2人は、誕生日が2日違い(藤井聡太・紀平梨花の誕生日が2日違い)。

2019年は、タイトル挑戦なるか?

・・・というわけで、人形の久月からも「2019年活躍」のお墨付きを得た藤井七段。

2019年は、いよいよタイトル戦に登場するか?

2019年1月現在、もっともタイトル挑戦に近いのは、第90期ヒューリック杯棋聖戦

2次予選であと1勝、決勝トーナメントで4勝の計5連勝で棋聖戦挑戦者となる(藤井七段、タイトル挑戦まであと何勝?)。

最年少タイトルへの道のり

棋聖戦のタイトル戦五番勝負は、毎年、6~7月頃に行われる。

もしも、藤井七段が棋聖戦挑戦者となり、棋聖獲得となれば、16歳でのタイトル獲得ということになりそうだ(誕生日は7/19)。

そうなれば、勿論、史上最年少でのタイトル獲得となる(これまでの最年少タイトル獲得は、屋敷伸之棋聖の18歳6か月)。

…とまあ、そんなに都合よく何でも実現できるわけではないだろうが、紀平梨花がお姫様の格好してトリプルアクセル決めることの難しさを思えば、大いに可能性はあるんじゃないか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています