2018/7/18藤井聡太vs藤原直哉 AI形勢判断ダイジェスト

2018年7月18日(水)の銀河戦予選・藤井聡太七段 vs 藤原直哉七段の将棋の速報ダイジェスト&AI形勢判断による勝負の分岐点分析です。

この将棋の棋譜・一手ずつAI形勢判断はコチラ>>

投了図

まで80手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:Apery-Mate:7(藤井勝利確定的) elmo-Mate:9(藤井勝利確定的)

振り駒の結果また…

見慣れない戦型に?

先手形勢:Apery2(互角) elmo43(互角)

形勢は藤原七段寄りに?

先手形勢:Apery142(互角) elmo306(藤原有利)

勝敗の分岐点

先手形勢:Apery-393(藤井有利) elmo-415(藤井有利)

Aperyは▲8七歩、elmoは▲8八同金。

※aprey「悪手」判定。

※elmo「疑問手」判定。

以後、藤井七段勝ちの流れ。

投了図

まで80手で藤井七段の勝ち。

以下▲3七玉は、△3六香 ▲同玉 △3五金 ▲3七玉 △2六龍まで。

A級八段も感心?

感想戦…

次は?

次から本戦。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています