2018/10/10藤井聡太vs出口若武[速報]AI形勢判断

2018年10月10日(水)第49期新人王戦・決勝三番勝負1局目。

藤井聡太七段 vs.出口若武三段の将棋の速報&将棋ソフトAI形勢判断です。

投了図

まで112手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:ぽんぽこ-6507(藤井必勝) Apery-7172(藤井必勝)

振り駒の結果…

振り駒の結果、出口三段の先手。

お約束の「藤井七段の後手番」。

これで藤井七段、2018年度振り駒成績は、6勝17敗に。

藤井七段の振り駒先手番率・振り駒結果一覧

11:00頃

先手形勢:ぽんぽこ64(互角) Apery40(互角)

11:40頃~昼食休憩

先手形勢:ぽんぽこ60(互角) Apery106(互角)

13:00頃

先手形勢:ぽんぽこ196(出口指しやすい) Apery58(互角)

13:30頃

先手形勢:ぽんぽこ98(互角) Apery-27(互角)

13:55頃

先手形勢:ぽんぽこ105(互角) Apery245(出口指しやすい)

14:20頃

先手形勢:ぽんぽこ63(互角) Apery-42(互角)

14:30頃

先手形勢:ぽんぽこ-42(互角) Apery70(互角)

15:00頃

先手形勢:ぽんぽこ-35(互角) Apery-200(藤井指しやすい)

15:20頃

先手形勢:ぽんぽこ187(出口指しやすい) Apery-687(藤井優勢)

15:30頃

先手形勢:ぽんぽこ252(出口指しやすい) Apery-87(互角)

16:00頃

先手形勢:ぽんぽこ-186(藤井指しやすい) Apery-157(藤井指しやすい)

16:30頃

先手形勢:ぽんぽこ-300(藤井指しやすい) Apery-1271(藤井優勢)

16:40頃

※ぽんぽこ「悪手」判定。

ここ、▲2五角ならどうだったか(ぽんぽこ推奨)

※以下、本譜※

先手形勢:ぽんぽこ-1774(藤井勝勢) Apery-1957(藤井勝勢)

投了図

まで112手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:ぽんぽこ-6507(藤井必勝) Apery-7172(藤井必勝)

ぽんぽことの一致率

先手(出口三段):60.7%

後手(藤井七段):57.1%

Aperyとの一致率

先手(出口三段):55.4%

後手(藤井七段):58.9%

第2局は1週間後の10/17(水)。

藤井七段、最後の新人王戦

藤井七段にとっては、出場資格との関係で、この第49期新人王戦が自身「最後の新人王戦」となる。

※出場資格は、「26歳以下」かつ「五段以下」。

※第49期新人王戦がスタートしたのは1年前の11月。この時、藤井七段はまだ「四段」だった(五段昇段は2018年2月1日:参考 藤井聡太wikiより詳しく…)。

出口三段のモチベーションは?

藤井七段の決勝戦の相手は出口若武奨励会三段。

トーナメント表全体

奨励会員にとって、新人王戦とはどんなものなのか?

(人それぞれという気はするが…)

優勝しても昇段とは無関係すると…

奨励会員にとって、当面の課題は、一にも二にも四段に昇段することだと思われる。

なので、奨励会三段の人にとっては、三段リーグこそが「本番」なはずで、それ以外の対局が三段リーグと「全く同じ」ということはないだろう。

それでも…

新人王戦優勝なら「三段リーグ次点」

この49期新人王戦で出口三段が優勝した場合、今行われている三段リーグ(第64回)終了時点で「次点(=3位同等の権利)」が与えられる。

※次点を2回取ると、フリークラスの四段昇段の権利が得られる。

※もっとも、新人王戦2回優勝による「次点2回」では上記昇段の権利は得られないので、一度は三段リーグでの3位が必要。

さらに…

優勝賞金200万円?

新人王戦の優勝賞金は推定で200万円と言われており、修行の身である奨励会員にとって、この賞金は「大きな奨学金」になることは間違いない。

土下座20回分

この点、「孫正義とか、楽天の三木谷社長とかに土下座したら、10万円くらいくれるんじゃないか?」と言った人がいたが、仮にそうだとした場合、200万円というのは、「土下座20回分」という計算になるわけだ。

_| ̄|○<10万円ください…

土下座20回というのは、口で言うほど簡単ではないはずで、それを思えば、いかに賞金200万円が大きいかが分かろうというもの。

出口三段の勝機

そんなわけで、出口三段が、

三木谷に20回土下座するくらいなら、藤井に2回勝った方がエエわ

という気持ちになったとき、彼に勝機が訪れるだろう。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています