2019/2/5 藤井vs近藤 順位戦C1 敗着は83手目▲2二歩成?

2019年2月5日(火)第77期順位戦C級1組・藤井聡太七段 vs 近藤誠也五段の対局。

将棋ソフト「dolphin」と「平成将棋合戦ぽんぽこ」に照らす限り、流れが変わったのは、83手目▲2二歩成から。

この手が「敗着」だったのか?

22:00過ぎのヤマ場

時刻は22:00頃。

先手形勢:dolphin97(互角) ぽんぽこ262(藤井指しやすい)

どちらに転んでもおかしくないと思われる激しい攻防。

今、近藤五段が△9八歩と叩いた局面。

ここで藤井七段は、手を抜いて▲2二歩成としたが・・・

先手形勢:dolphin236(藤井指しやすい) ぽんぽこ324(藤井有利)

※dolphin「悪手」判定。

※ぽんぽこ「悪手」判定。

dolphin評価値グラフ

ぽんぽこ評価値グラフ

どうも、これ以降、「近藤勝ち」の流れになったよう。

どうすべきだった?

先手形勢:dolphin97(互角) ぽんぽこ262(藤井指しやすい)

dolphinの読み:▲同香(99)△4二玉(32)

ぽんぽこの読み:▲同香(99)△7七桂成(85)

平凡に▲9八同香が将棋ソフト先生方の見解。

もっとも、これはこれで難解な展開が続いたと思われるが、少なくとも、スコア上は藤井七段がリードをキープできたものと思われる。

近藤五段がパーフェクトな終盤

その後の近藤五段の指し手で、dolphin、ぽんぽこ双方からネガティブに評価された手はなし。

最後は、112手目△7七桂不成以降、136手目まで王手の連続で藤井玉を即詰みに討ち取った。

先手形勢:dolphin-1976(近藤勝勢) ぽんぽこ-1397(近藤優勢)


先手形勢:dolphin-Mate:7(近藤勝利確定的) ぽんぽこ-Mate:7(近藤勝利確定的)

まで136手で近藤五段の勝ち。

投了図以下の詰手順

2/5 藤井vs近藤 棋譜・一手ずつ形勢判断

スポンサードリンク

いっしょに読まれています