棋才 平成の歩・リレー将棋棋譜~藤井七段、振り飛車も無難に

2019年4月29日、都内で行われた将棋イベント「棋才 平成の歩」に出演した藤井聡太七段。

イベントの目玉のひとつ、リレー将棋では、若手レジェンドチームが振り飛車を採用したため、めったに見ることができない「藤井七段の振り飛車」をイベント参加者は目にすることになった。

棋譜&解析

※頻繁に交代する対局者情報をも反映させるべく、棋譜はYoutube動画としてのみアップすることとしました。

Youtube.comで見る(←スマホ縦はコチラがおすすめ)

チーム編成

理事レジェンドチーム

佐藤康光九段、森内俊之九段、清水市代女流六段

広瀬章人竜王(サプライズゲストとして途中参加)

若手レジェンドチーム

藤井聡太七段、渡辺明二冠、里見香奈女流四冠

佐藤天彦名人(サプライズゲストとして途中参加)

リレー将棋のルール

1人5手ずつ指したら交代。

いつも同じ相手と対面しないように、オーダーは変則的。

藤井七段のパート

藤井七段は4回登場。

1回目:vs.森内

2回目:vs.清水

3回目:vs.佐藤康

4回目:vs.佐藤康

展開

四間飛車 vs 右四間左美濃

若手レジェンドの四間飛車 vs 理事レジェンド右四間飛車+左美濃に。

膠着状態を打破

イベントの席上対局とはいえ、このメンバーが集まると、「相手に隙を見せない」指し方をするようで、膠着状態に。

そんな中、里見女流四冠が「アンタたち、いい加減にしたら?」とばかり、▲4五歩と突っかける。

サプライズゲスト登場

今日の出演者8人の名前になかった現竜王(広瀬章人)と現名人(佐藤天彦)が、突如、会場に姿を現し、リレー将棋に加わる。

そして、5手ずつ指したら、すぐさま、会場を後にしたそうな…

ウルトラマンの兄弟かなんかか?

若手チーム、チャンスを逃す

理事レジェンドチーム優勢で展開していた本局だったが、若手レジェンドチームにもチャンスは訪れた。

ここ、dolphin先生によると、▲1六香という手があって、これなら若手レジェンドが行けたかもしれない。

理事レジェンドが勝つ

終盤、佐藤康光会長の手が冴えわたり、最後は清水女流六段が若手チーム玉を即詰みに討ち取った(その清水さんに頭を下げて投了したのは渡辺親分)。

藤井七段、疑問手・悪手なし

チームとしては敗れたが、藤井七段は、序盤、中盤、終盤を通して指し手が安定しており、1度も「疑問手・悪手」判定はされなかった。

あまり振り飛車らしい手を指すチャンスもなかったけど…

Youtube.comで見る(←スマホ縦はコチラがおすすめ)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています