藤井聡太七段「世界を変えていく30歳未満の30人」に選出

「日本を代表し、世界を変えていく30歳未満の30人。」を選ぶ 「30 UNDER 30 JAPAN 」~フォーブス ジャパン発表。

第2回となる「30 UNDER 30 JAPAN 2019」で、藤井聡太七段が、「DOU(道)」部門で選出された(2019年8月23日)。

参照:30 UNDER 30 JAPAN 公式サイト

フォーブス ジャパンって何?

フォーブスジャパンとは、「世界的経済誌」と言われるアメリカの経済雑誌 Forbes の日本版。世界中のビジネスニュース、ライフスタイル、投資、金融ニュース等々を配信している。

藤井七段の選出ポイント

デビュー戦以来無敗29連勝するなど、10代にして将棋界でさまざまな記録を残し、将棋という競技・文化そのものの魅力を世に知らしめている。

参照:30 UNDER 30 JAPAN 公式サイト

他の被選出者

主体が経済誌ということもあり、選出された30組中、多くを20代若手起業家が占める。

その一方で、スポーツ部門では、サッカーの久保建英(18)や、バスケットの八村塁(21)ら、おなじみの人物が選出された。

10代は3人・藤井七段が最年少

今回、10代で選出されたのは、藤井七段(17)、久保建英(18)、村木風海(19)の3人。

「元天才高校生」村木風海

村木風海(むらき かずみ)氏は、早くから地球温暖化危機に関心を持ち、二酸化炭素直接空気回収装置「ひやっしー」を開発。

現在は、CRRA・炭素回収技術研究機構 の機構長にして大学生(東大 理科一類)。

地球温暖化問題の解決は、この人にかかっている! そうな…

紀平梨花は選外

藤井聡太七段と誕生日が2日違いの紀平梨花(フィギュアスケート)も、候補の一人だったのではと思われるが、選出されるには至らなかった。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています