2019朝日杯決勝 藤井vs渡辺 67手目▲7五銀の変化

2019年2月16日の第12回朝日杯将棋オープン戦決勝・藤井聡太七段 vs 渡辺明棋王。

dolphin評価値グラフ


ぽんぽこ評価値グラフ

将棋ソフトAI評価値に照らす限り、50手過ぎあたりからジワジワと後手に流れが傾き…

先手形勢:dolphin-232(藤井指しやすい) ぽんぽこ61(互角)


65手目▲8八角をdolphin、ぽんぽこが「悪手」判定。

先手形勢:dolphin-411(藤井有利) ぽんぽこ-68(互角)

※dolphin「悪手」判定。

※ぽんぽこ「悪手」判定。


先手形勢:dolphin-1046(藤井優勢) ぽんぽこ-883(藤井優勢)

このスコア差がついては、さすがの渡辺棋王も挽回不能か…と思われたのだが…

実は、勝負はココからだった

この、一見フツーに見える藤井七段の△3四歩が「危険な一手」。

先手形勢:dolphin-1046(藤井優勢) ぽんぽこ-883(藤井優勢)

※dolphin「悪手」判定。

※ぽんぽこ「悪手」判定。

ここで渡辺棋王は▲3六飛と指したが、これまたチャンスを逃した「悪手」だった。

先手形勢:dolphin141(互角) ぽんぽこ-206(藤井指しやすい)

※dolphin「悪手」判定。

藤井=dolphin

ここ、終局後、藤井七段がdolphinと同じく▲7五銀を指摘。

これなら先手互角かそれ以上だったものと思われる。

7五銀の変化

もし渡辺棋王が▲7五銀と指していたらどう展開したか?

数手だけ、dolphin先生と平成将棋合戦ぽんぽこ先生に聞いてみたところ…

▲7五銀

<<67手目 <前の手 次の手> 75手目>>

先手形勢:dolphin66(互角) ぽんぽこ213(渡辺指しやすい)

○※渡辺棋王とdolphinが一致。

○※渡辺棋王とぽんぽこが一致。

dolphinの読み:△8一飛(84)▲3四飛(35)

ぽんぽこの読み:△8二飛(84)▲3四飛(35)△8六歩(85)▲同銀(75

△8一飛

<<67手目 <前の手 次の手> 75手目>>

先手形勢:dolphin137(互角) ぽんぽこ34(互角)

○※藤井七段とdolphinが一致。

dolphinの読み:▲3四飛(35)△8六歩(85)▲同歩(87)△6六銀打▲同

ぽんぽこの読み:▲3四飛(35)△8六歩(85)

▲3四飛

<<67手目 <前の手 次の手> 75手目>>

先手形勢:dolphin28(互角) ぽんぽこ155(渡辺指しやすい)

○※渡辺棋王とdolphinが一致。

○※渡辺棋王とぽんぽこが一致。

dolphinの読み:△8六歩(85)▲同歩(87)△6六銀打▲同銀(67)△8七

ぽんぽこの読み:△8六歩(85)▲同歩(87)△6六銀打▲6四歩打△4三金(

△8六歩

<<67手目 <前の手 次の手> 75手目>>

先手形勢:dolphin1(互角) ぽんぽこ181(渡辺指しやすい)

○※藤井七段とdolphinが一致。

○※藤井七段とぽんぽこが一致。

dolphinの読み:▲同歩(87)

ぽんぽこの読み:▲同歩(87)△6六銀打

▲同 歩

<<67手目 <前の手 次の手> 75手目>>

先手形勢:dolphin123(互角) ぽんぽこ152(渡辺指しやすい)

○※渡辺棋王とdolphinが一致。

○※渡辺棋王とぽんぽこが一致。

dolphinの読み:△6六銀打

ぽんぽこの読み:△6六銀打▲6四歩打△7二銀(63)▲7六銀(67)△7五銀

△6六銀

<<67手目 <前の手 次の手> 75手目>>

先手形勢:dolphin-15(互角) ぽんぽこ1(互角)

○※藤井七段とdolphinが一致。

○※藤井七段とぽんぽこが一致。

dolphinの読み:▲同銀(67)△同歩(65)▲6四歩打△7二銀(63)▲6六

ぽんぽこの読み:▲6四歩打

▲同銀上

<<67手目 <前の手 次の手> 75手目>>

先手形勢:dolphin-41(互角) ぽんぽこ16(互角)

○※渡辺棋王とdolphinが一致。

dolphinの読み:△同歩(65)

ぽんぽこの読み:△同歩(65)▲6四歩打

△同 歩

<<67手目 <前の手 次の手> 75手目>>

先手形勢:dolphin16(互角) ぽんぽこ-2(互角)

○※藤井七段とdolphinが一致。

○※藤井七段とぽんぽこが一致。

dolphinの読み:▲6四歩打△7二銀(63)▲6六角(88)△6五歩打▲8八角

ぽんぽこの読み:▲6四歩打

▲6四歩

<<67手目 <前の手 次の手> 75手目>>

先手形勢:dolphin-1(互角) ぽんぽこ56(互角)

○※渡辺棋王とdolphinが一致。

○※渡辺棋王とぽんぽこが一致。


これはもう「点の取り合い」で、どちらに転んでもおかしくない展開。

遡って、66手目の△3四歩のところ、△7五銀が正着だったよう。

先手形勢:dolphin-411(藤井有利) ぽんぽこ-68(互角)

dolphinの読み:△7五銀打

ぽんぽこの読み:△7五銀打▲3四歩打

藤井七段、転倒こらえる

本譜は渡辺棋王がチャンスを逃した(▲3六飛)ため、藤井七段は、今度こそ△7五銀。

先手形勢:dolphin-698(藤井優勢) ぽんぽこ-510(藤井優勢)

○※藤井七段とdolphinが一致。

この局面では、7五の地点が天王山だったよう。

結局、一瞬、足を滑らせた藤井七段だったが、転倒には至らず。

その後は、ミスといえるようなミスもなく、安定の試合運びでフィニッシュ。

まで128手で藤井七段の勝ち。

結論

67手目、渡辺棋王が▲7五銀と打っていれば互角だった」とも言えるし、

その一手前、「66手目、藤井七段が△7五銀と打っていれば無難だった」とも言える。

つーわけで、将棋も恋愛も同じ

終わった後になって、他人が「ああすりゃ良かった、こうすりゃ良かった」ってエラソーに言うのはカンタンってこった。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています