第1回アベマT 藤井聡太vs増田康宏2局目 形勢判断ダイジェスト

2018年7月29日(日)に配信された第1回abemaTVトーナメント・決勝トーナメント1回戦 藤井聡太七段 vs 増田康宏六段 三番勝負第2局。

将棋ソフトAI形勢判断のダイジェストです。

投了図

まで107手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:Apery+Mate:11(藤井勝利確定的) elmo+Mate:11(藤井勝利確定的)

藤井七段○○→準決勝進出
増田六段●●

藤井七段の先手

第2局は藤井七段の先手。

公式戦での先手番勝率は9割を超えている藤井七段。

このabemaTVトーナメントは非公式戦とはいえ真剣勝負。

真剣勝負での久々の先手番で、指もしなる?

角換わりに

先手形勢:Apery25(互角) elmo51(互角)

角換わりに。

バランスの取れた布陣

先手形勢:Apery143(互角) elmo97(互角)

飛車は4筋で使う狙いか?

後手が4筋に飛車を

先手形勢:Apery32(互角) elmo20(互角)

最近よく見る角換わりの将棋における4筋(先手なら6筋)への飛車の展開。

駒の組み換え

先手形勢:Apery206(藤井指しやすい) elmo338(藤井有利)

すぐに行く手はないと判断したか、陣形整備。

藤井七段から動く

先手形勢:Apery231(藤井指しやすい) elmo247(藤井指しやすい)

ここはこうやって攻めるのですね…

攻めの藤井

先手形勢:Apery515(藤井優勢) elmo482(藤井有利)

攻めの糸口はつかんだ恰好。

先手形勢:Apery356(藤井有利) elmo620(藤井優勢)

先手形勢:Apery687(藤井優勢) elmo764(藤井優勢)

寄せの構図

先手形勢:Apery121(互角) elmo283(藤井指しやすい)

将棋ソフトは「この歩を打たせてはいけない」という前提に立つのか、前の手(▲4五同歩)に「悪手」判定。

ところが…

先手形勢:Apery88(互角) elmo692(藤井優勢)

※aprey「好手」判定。

先手形勢:Apery716(藤井優勢) elmo1030(藤井優勢)

第1の狙いは▲3二角成。

先手形勢:Apery1417(藤井優勢) elmo1516(藤井勝勢)

これで「勝ち」の感触を得た(局後のインタビューより)。

まで107手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:Apery+Mate:11(藤井勝利確定的) elmo+Mate:11(藤井勝利確定的)

投了図以下は、△3三桂 ▲2一竜 以下。

藤井七段○○→準決勝進出
増田六段●●

スポンサードリンク

いっしょに読まれています