2018/7/28藤井vs八代 投了直前に逆転のチャンスが?

2018年7月28日(土)第49期新人王戦3回戦・藤井聡太七段vs八代弥六段の将棋。

八代六段有望な展開も、終盤は藤井七段が余していた…と思えたが、投了直前、八代六段に逆転のチャンスがあった!?

ラスト3手目は「悪手」

132手で藤井七段が勝った本局だが、130手目は、将棋ソフトが揃って「悪手」判定していた。

先手形勢:Apery-1112(藤井優勢) elmo-1370(藤井優勢)

129手目▲3四歩の王手に対し、△4二玉か△2二玉か? というところで、藤井七段は△2二玉。

これが…

※aprey「悪手」判定。

※elmo「悪手」判定。

一瞬、先手が逆転!?

Aperyの読み:▲6七金打△7七歩成(76)▲同金(78)△7八歩打▲8八玉

elmoの読み:▲6七金打

将棋ソフトは揃って▲6七金打推し。

これなら、ギリギリの勝負だったかも?

以下、△7七歩成 ▲同金直。

ここから藤井七段お得意の「AI越え」が出そうな雰囲気はあるけれど、持ち時間がない状況では結構な「ドラマ」だったかもしれない。

ここから藤井七段が勝つ条件

角を渡すと、▲3三歩成 △同玉 ▲4三銀成 △同玉 ▲3二角以下詰む。

・詰めろ or 王手で迫る

・「金か銀+歩以外の駒」or 「角」を渡したら詰めろではダメで即詰みに仕留める

本譜は▲7六銀

先手形勢:Apery-63(互角) elmo100(互角)

※aprey「悪手」判定。

※elmo「悪手」判定。

Aperyの読み:△6六桂打▲6七金打△7八桂成(66)▲同玉(79)△7七歩

elmoの読み:△6六桂打▲6七歩(68)

次の藤井七段の一手は、将棋ソフトと同じ△6六桂。

まで藤井七段の勝ちとなりました。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています