2018/2/23藤井聡太vs畠山鎮[速報]将棋ソフト形勢判断

2018年2月23日の第66期王座戦2次予選・藤井聡太六段vs畠山鎮七段の将棋の速報&将棋ソフト形勢判断です。

この将棋の棋譜(将棋ソフト解析つき)はコチラ

畠山七段の先手

先手は畠山七段。

藤井新六段、先週末の朝日杯で「振り駒運」を使い果たしたというわけではないだろうが・・・

相矢倉に

藤井聡太六段の将棋では比較的少ない相矢倉の将棋に。

昼食休憩の局面

先手形勢 elmo73(畠山寄り) ボナンザ43(畠山寄り)

昔の入門書にありそうな、先後同型の矢倉。

昼食休憩後、藤井六段が△3一角とやったので、仮に「ひふみんアイ」をやったとしてもあまり意味のない局面になった。

同型が崩れる

先手が▲6七金右と矢倉囲いを作ったところ。

後手が△4三金右なら、引き続き先後同型になるところでしたが・・・

先手形勢 elmo-36(藤井寄り) ボナンザ43(畠山寄り)

藤井六段は△4三金左。

このあたりが、先日羽生竜王の言った「新しい時代の将棋の感覚」なのかもしれません(谷川先生「君たち、悔しくないのか」参照)。

畠山七段の攻め

▲4五歩 △同歩 ▲3五歩という、矢倉の基本的な攻め。

先手形勢 elmo-56(藤井寄り) ボナンザ82(畠山寄り)

ここから、▲同角 △同金 ▲2四歩と進む。

先手形勢 elmo-36(藤井寄り) ボナンザ-36(藤井寄り)

角銀交換があったばかりも、形勢は互角。

夕食休憩の局面

先手形勢 elmo ±0(互角) ボナンザ272(畠山有利)

夕食休憩直後

夕食休憩後は、▲4四銀 △同金 ▲3六銀。

ここで藤井六段は、△4三歩と大山名人みたいな手を指す。

先手形勢 elmo -13(藤井寄り) ボナンザ206(畠山有利)

午後9:30頃の局面

先手形勢 elmo -406(藤井有利) ボナンザ-49(藤井寄り)

終盤、二転三転

先手形勢 elmo -296(藤井有利) ボナンザ66(畠山寄り)

先手の畠山七段が▲4三銀と打ったところ。

どちらに転ぶか分からないような終盤。

ここで藤井六段は△1四角と打ったが、この手をelmoは「悪手」判定。elmo最善手は△2九飛(棋譜・将棋ソフト解析参照)。

以下、▲3二銀成 △同角

先手形勢 elmo 564(畠山優勢) ボナンザ435(畠山優勢)

ここで、elmo、ボナンザ6.0とも、▲2四飛を推奨。

ところが、畠山七段は痛恨の▲2四金。

以下、△6七馬(elmo「好手」判定)が素晴らしい寄せの一手で、▲同金に、△3九飛 ▲8八玉 △7九銀までで藤井六段の勝ちとなった。

先手形勢 elmo -2544(藤井勝勢) ボナンザ-1031(藤井勝勢)

投了図以下、▲7八玉には△3六金、▲9八玉には△7八金で一手一手。

これで12連勝。

スポンサードリンク

いっしょに読まれています