藤井聡太四段6/26速報 29連勝ならず!?

藤井聡太、デビュー29連勝目を賭けた2017年6月26日の第30期竜王戦本戦トーナメント・増田康宏四段戦。

東西の「天才対決」となった大注目の一戦。

午前中に早くも藤井四段が▲3五歩と突っかけ、一気に叩き合いに突入か?

増田四段、角換わりを避ける

前回、炎の7番勝負の時と同様、先手藤井・後手増田。

この時は、藤井四段の角換わりの注文に乗った増田四段。

結果は藤井四段勝利。

戦法選択が勝敗に直結したわけではないだろうが、本局では、増田四段は10手目に△4四歩と突き、角換わりを避けた。

昼食前に藤井仕掛ける

昼食休憩前、21手目に早くも藤井四段が▲3五歩と仕掛ける。

増田四段、激しい順を選択

増田四段の対応が注目されたが、激しい叩き合いの順を選び、以後、両者一歩も引かない展開に。

藤井四段の右銀が5段目に出てきた瞬間に、増田四段がタイミングよく反撃。

藤井四段ピンチ?

午後2時半の時点では、増田四段がいいカウンターパンチを繰り出した感があり、藤井四段の29連勝に暗雲が・・・

察するに、藤井四段、△6四角を想定していて、△8六歩を軽視していたのでは?

午後5時時点では、飛車の捕獲が確定し、増田優勢と思われますね。

この局面で長考する藤井四段。

実践的には、藤井四段が勝つのはかなり難しいのでは?

ところが、ひふみん先生は、「65%藤井勝ち」と言っているとか・・・???

藤井四段の見事な寄せの構図

この将棋は藤井四段厳しいのでは?

と思われていたところ、どうやら、藤井四段はイケると思っていたようで・・・

寄せの構図が見事過ぎ!

これで増田四段投了。見事に29連勝。そして、加藤ひふみん先生もお見事!!

スポンサードリンク

いっしょに読まれています