角換わり腰掛け銀[2020]AI定跡研究~桂馬の高跳びが歩の餌食にならない

藤井聡太七段もよくやる角換わり腰掛け銀。

この戦型の特徴のひとつとして、「桂馬の高跳び」があるわけだけど、なぜか、歩の餌食にならない…

歩を突けば、どう考えても桂馬は助からないのに、なぜかプロはそこで歩を突かない…

てか、桂馬を跳ねられた時、銀が下に逃げれば、次に△4四歩とか▲6六歩で桂馬を取れるのに、プロの下手っぴは、わざわざ△4四銀とか▲6六銀とか、「桂先の銀」をやっちゃうから桂馬を取ることができない…

「バカだなぁ…」

[Youtube]角換わり腰掛け銀 AI定跡研究(3)~桂馬の高跳び歩の餌食にならず

桂馬の高跳びで鯛を釣る

…ところが、桂馬の高跳びが歩のエサになるなんてのは過去の話で、腕さえよければ、桂馬の高跳びは、カツオとか鯛のエサになるようだ。

桂馬が跳ねてから歩を突く

桂馬が跳ねる…

銀が引かれる…

このままだと桂馬が助からないから、慌てて3筋の歩を突く…

将棋を覚えたての頃、誰もが一度はやったことがある手順。

それを、今や、「プロより強い」最強将棋ソフトがやる…

桂馬を取らせて、その空間に…

桂馬を取りに歩を突いてくれば、そこに空間が生まれる…

相手の守備を乱すのに、「カネはかかるけど一番早い」のがこれだ。

追加投資

桂馬の投資をした直後、できれば早期に回収したいところだが…

さらなる経済的負担を強いられる。

ここから△4四銀 ▲同銀 と進めば、角桂と銀の交換になり、先手はほぼ角一枚を丸々損することになる。

駒得はヘーキで裏切る

後手の立場からすれば、「我慢に我慢を重ねて、貯めるだけ貯め、落ち着いたら思いっきり…」と思っていたところが、そのままジ・エンドとなってしまった…ってところ。

桂馬に目がくらんだせいで見事に釣られてしまったというわけだ。

動画で見る>>[Youtube]角換わり腰掛け銀 AI定跡研究(3)~桂馬の高跳び歩の餌食にならず

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています