2019将棋日本シリーズトーナメント表&日程~藤井七段の出場資格

2019年度の将棋日本シリーズ・JT杯(第40回)に藤井聡太七段が出場することが発表された。

トーナメント表

トーナメント表(対局日入り)は以下のとおり。

藤井七段の初戦は8月11日(日・祝)で、相手は三浦弘行九段。対局開始時刻は15:35

藤井七段、8/11 公式戦初の和服姿での対局

出場できる理由

将棋日本シリーズの出場者は、以下の基準によって決まる。

1)前回優勝者

2)タイトル保持者

3)獲得賞金上位者

前回優勝者は…

前回(39回)優勝者は渡辺明三冠。

タイトル保持者

タイトル保持者は、2月末時点のタイトル保持者とされる。

2月24-25日・王将戦第4局、渡辺明棋王が久保利明王将から4-0で王将奪取。

なので、この時点でのタイトル保持者は、以下の6人。

広瀬章人竜王

佐藤天彦名人

高見泰地叡王

豊島将之二冠(王位・棋聖)

斎藤慎太郎王座

渡辺明二冠(棋王・王将)

獲得賞金上位者

上記2要件で、6名が決定(渡辺二冠は両要件を満たす)。

出場者数は12名なので、上記6名を除いた賞金獲得上位者6名が出場者として加わることになる。

2018年の賞金獲得ランキングトップ10は以下の通り(参照:将棋連盟公式)。

※単位は万円。

※( )は前年。

1. 羽生善治九段 7,552(5,070)

2. 佐藤天彦名人 5,999(7,255)

3. 渡辺明棋王 5,119(7,534)

4. 豊島将之王位・棋聖 4,722(1,795)

5. 広瀬章人竜王 2,802(1,499)

6. 高見泰地叡王 2,636(522)

7. 久保利明九段 2,598(3,019)

8.斎藤慎太郎王座 2,393(1,699)

9.菅井竜也七段 2,193(2,363)

10.深浦康市九段 2,189(1,359) 

となって、賞金トップ10から前回優勝者・タイトル保持者を除いた4名(羽生九段、久保九段、菅井七段、深浦九段)の日本シリーズ出場がまず決定。

残りの2名は?

となると、あとは、賞金獲得ランキング11位、12位の棋士がここに加わることになる。

聞くところによると、11位が三浦弘行九段で、12位が藤井聡太七段とのこと。

ゆえに、藤井七段の出場が決定。

決して、誰かの忖度が働いたとか、そういうことではなくてよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています