藤井聡太七段、金正恩そっくりの橋本崇載八段に連勝~アベマTで

2018年6月17日夜配信の第1回AbemaTVトーナメント予選A組。

指したその手で自らチェスクロックを押す、超早指しルールの非公式戦。

予選A組から出場の藤井聡太七段は1回戦で近藤誠也五段に2連勝した後、A級復帰間近の位置にいる「ハッシー」こと橋本崇載八段にも2連勝。

計4-0のストレートで本戦(決勝トーナメント)進出を決めた。

vs近藤誠也五段ダイジェスト

1局目

3番勝負1局目は藤井七段が先手。

先手形勢:Apery563(藤井優勢) elmo622(藤井優勢)

○※近藤五段とAperyが一致。

○※近藤五段とelmoが一致。

仕掛けがうまくいった藤井七段が優勢。

ここで、▲3五銀と打った手がいい手で、攻めが継続。

先手形勢:Apery614(藤井優勢) elmo744(藤井優勢)

○※藤井七段とAperyが一致。

○※藤井七段とelmoが一致。

以下も中押し、ダメ押しと決定打が出て快勝。

まで95手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:Apery2633(藤井勝勢) elmo3466(藤井必勝)

藤井vs近藤・1局目棋譜(一手ずつAI形勢判断)

2局目

先手形勢:Apery343(近藤有利) elmo344(近藤有利)

○※近藤五段とAperyが一致。

○※近藤五段とelmoが一致。

近藤五段のパンチのほうが効いていそうな展開。

そして、66手目の局面。

先手形勢:Apery238(近藤指しやすい) elmo305(近藤有利)

※aprey「悪手」判定。

※elmo「疑問手」判定。

ここで近藤五段は▲4五桂としたが、▲6七金という詰めろ(次に▲6三銀以下)があったよう。

この「PK」を外したことで流れが変わり、形勢は混とん。

先手形勢:Apery356(近藤有利) elmo-244(藤井指しやすい)

この王手に対し、藤井七段の次の一手が将棋ソフトと同じ△4三玉。

先手形勢:Apery-658(藤井優勢) elmo-1041(藤井優勢)

○※藤井七段とAperyが一致。

○※藤井七段とelmoが一致。

取れる桂馬を取らずに、あえて下に逃げたのがいい手で逆転。

以下、藤井七段の玉は、ウナギみたいにヌルヌルして捕まらず…

まで122手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:Apery-Mate:25(藤井勝利確定的) elmo-4981(藤井必勝)

○※藤井七段とAperyが一致。

予選突破へあと1つ(3番勝負勝利)となった。

藤井vs近藤・2局目棋譜(一手ずつAI形勢判断)


vs橋本崇載八段ダイジェスト

次の相手は、お待ちかね、米朝首脳会談から帰国したばかりの橋本崇載八段。

先日、NHK桑子真帆インタビューの中で、米朝首脳会談に関心があることを匂わせていた藤井七段だったが、ここでいう「米朝首脳会談」とは、実はハッシーとの対局を暗に示唆していたのかもしれない(←本気にしないでくださいな)。

※ちなみに、「はしもと」と言えば、次に来るのは「たかのり 金ジョンウォン」というのが世間共通の認識※

1局目

先手形勢:Apery118(互角) elmo63(互角)

相穴熊で互角の中盤。

ここで、ジョンウン様は、スパッと▲3一角成と切り込んでいく。

先手形勢:Apery96(互角) elmo23(互角)

その後…

先手形勢:Apery188(橋本指しやすい) elmo260(橋本指しやすい)

穴熊の将棋はこうやって指すといいらしい。

とはいえ、まだまだ、どちらに転ぶかは分からない…

先手形勢:Apery-385(藤井有利) elmo-851(藤井優勢)

・・・と、この局面に。

ここで▲9一龍と逃げたのが良くなかったようで…

先手形勢:Apery-1648(藤井勝勢) elmo-2086(藤井勝勢)

これで一気に形勢が傾く。

まで94手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:Apery-2331(藤井勝勢) elmo-2411(藤井勝勢)

藤井七段、難敵相手に1勝先取。

藤井vs橋本・1局目棋譜(一手ずつAI形勢判断)

2局目

先手形勢:Apery65(互角) elmo133(互角)

相穴熊の後は一転、急戦調の将棋に。

さて、次の局面。

超早指しにも関わらず、ここでも「ソフト超え」な一手が出る。

先手形勢:Apery2018(藤井勝勢) elmo3640(藤井必勝)

Aperyの読み:▲6三龍(53)△5二銀打▲同銀(43)△同金(61)▲7二

elmoの読み:▲6三龍(53)

将棋ソフトAIは、そろって▲6三龍だったが、藤井七段はそんなダサい手は指さなかった。

先手形勢:Apery3553(藤井必勝) elmo3882(藤井必勝)

これがキレイな必至。

まで63手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:Apery+Mate:2(藤井勝利確定的) elmo+Mate:1(藤井勝利確定的)

藤井vs橋本・2局目棋譜(一手ずつAI形勢判断)

これで、藤井七段の本戦(決勝トーナメント)進出が決定。

※決勝トーナメントがいつ配信されるのかは、現在調査中※

スポンサードリンク

いっしょに読まれています