2017/12/28藤井聡太vs豊川孝弘 王座戦一次予選[速報&将棋ソフト解析]

2017年12月28日、第66期王座戦一次予選・藤井聡太四段 vs 豊川孝弘七段の将棋の速報です。

藤井聡太四段の先手

前局(12/23)に続いて先手番になった藤井四段。

戦型は後手の豊川七段の注文で、相居飛車・後手雁木模様に。

藤井四段、19手目に仕掛け

これが現代将棋というものなのでしょうか・・・

形勢判断:elmo227  ボナンザ96

この将棋の棋譜・将棋ソフト解析>>

昼食休憩の局面

玉の囲いに手数をかけない、最近の将棋らしい展開。

形勢判断:elmo650  ボナンザ252

午後3時頃の局面

豊川七段、長考後、じっと△8五歩と伸ばす。

形勢判断:elmo510  ボナンザ226

若干先手が指しやすい?

この将棋の棋譜・将棋ソフト解析>>

夕食休憩の局面

豊川七段、またも長考。

形勢判断:elmo591  ボナンザ271

午後8時半ごろの局面

難しい中終盤に見えるが、藤井優勢?

形勢判断:elmo736  ボナンザ696

優勢拡大か?

形勢判断:elmo1296  ボナンザ412

前の手(88手目)△7四桂は厳しい手に思えたが、▲9八桂と受けて大丈夫のようで。

こういう手は覚えておきたい手という気がするが、将棋ソフトelmoは「悪手」判定。

▲9八桂に対し、将棋ソフトelmo、ボナンザ6.0とも△4八飛成を推奨。

本譜は△3二歩(elmo「疑問手」判定)。

この将棋の棋譜・将棋ソフト解析>>

藤井聡太四段、勝利で2017年を締めくくる

藤井四段の次の一手は・・・

この手を見て豊川七段は投了しました。

まで109手で藤井四段の勝ち。

投了図以下

△3一金は、▲6三桂不成 △4一玉

▲5一金 △同金 ▲同桂成

△同玉 ▲6二金 △4一玉 ▲5二香成 まで

スポンサードリンク

いっしょに読まれています