2019/4/6ニコ生ゲスト解説・藤井聡太七段への質問コーナー

2019年4月6日(土)の第4期叡王戦七番勝負第1局・高見泰地叡王 vs 永瀬拓矢七段のニコ生中継に出演した藤井聡太七段。

夕方6時頃から約1時間のみの出演であったが、メイン解説者の藤井猛九段、聞き手の山口恵梨子女流二段の粋な計らいもあり、和やかで華やかな時間となった。

【niconico】プレミアムなら終了した番組を後から視聴

この中で行われた視聴者からの質問コーナー。

その一部を思い出しながら再現すると…

Q&A

<質問>

4月になり、高校2年生でクラス替えなどもあると思いますが、

新しい習慣は何かありますか?

また、高校入学時から取り組んでいる習字は?

新しい習慣

藤井「特にこれといったものはないけれど…(とした上で)、一度、パソコンを自分で組んでみたい。ただ、あまり手先が器用でないので…」

習字

※詰将棋が描かれた色紙が登場※

詳細⇒4/6ニコ生・色紙の藤井聡太作詰将棋

【niconico】プレミアムなら終了した番組を後から視聴

永瀬七段との関わり

(叡王戦挑戦者の)永瀬七段とは、プライベートで「vs(ブイエス)」をしていると聞きますが…

永瀬七段のバナナは見たことない?

藤井「以前から、永瀬七段とは「vs(ブイエス)」をしている。」

※「vs」とは、プライベートで棋士同士が1対1で練習将棋を指すこと。

藤井「vsがある日は、1日3局くらい指す。

でも、(バナナ愛好家、フィナンシェ愛好家として知られている)永瀬七段が、バナナを食べているところもフィナンシェを食べているところも見たことはない。」

※フィナンシェとは、バターとアーモンドの風味のある、マドレーヌに似たフランスの焼き菓子。

藤井猛九段も質問

藤井七段が登場してすぐ、メイン解説の藤井猛九段が、藤井七段に「これまで、振り飛車はどのくらい指しているか?」と質問。

それに対して藤井七段は、「振り飛車を採用していた時期はない」とのこと。

奨励会の対局で、香落ち上手(うわて)の時には振り飛車を指すことになったが、勝率が低く、「駒が捌けない」(笑)のがその理由なんだとか。

これに対し、ニコ生のコメント欄では、「てんてー(=藤井猛九段)、振り飛車勧誘失敗」などと書き込まれていた。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いっしょに読まれています