2019/2/12 藤井vs池永 最終盤「幻の勝負手」があった!?

2019年2月12日(火)第69期王将戦一次予選・藤井聡太七段vs池永天志四段。

dolphin評価値グラフ


ぽんぽこ評価値グラフ

池永四段、132手目△8六飛が「痛恨の一手」として認知されているところ…

実はその後、池永四段に起死回生の勝負手があった!?

問題の局面

池永四段が「最後のお願い」とばかり、王手ラッシュをかけ始めたところ。

先手形勢:dolphin2417(藤井勝勢) ぽんぽこ1714(藤井勝勢)

▲6八歩だと△5七龍を残すので、金か銀を合駒すべきと思われるところ…

dolphinの読み:▲6八金打

ぽんぽこの読み:▲6八金打

先手形勢:dolphin2547(藤井勝勢) ぽんぽこ2791(藤井勝勢)

藤井七段は、1分将棋の秒読みの中、より安全度が高そうな銀を合駒に使った。

※ちなみに、金を合駒した場合、△6九角~△6八龍~△7八金~△7七金打の筋が怖いけど、この場合、先手玉は6七⇒5六⇒5五⇒4四・・・と逃げられるので大丈夫※

まあ、銀合ならばその筋すらないわけで・・・

ところが・・・

※dolphin「悪手」判定。

池永四段にワンチャンス!?

ここで後手に△3四角という「次の一手」みたいな手があった。

dolphinの読み:△3四角打

ぽんぽこの読み:△3四角打▲6七歩打

▲同馬なら、

△8三飛 ▲7一金 △9二玉 ▲8四歩

△同 飛 ▲8六歩 △6五桂

▲7六金打 △7七銀 ▲同 金△8八金

で、これは後手、再逆転。

でも、やはり先手勝ち

・・・とはいうものの・・・

この角を取らず、▲6七歩 △6一角 ▲8二歩成 △同玉…

先手形勢:dolphin1744(藤井勝勢) ぽんぽこ1206(藤井優勢)

のように進めば、「延長戦」にはなっても、最後は先手が勝ちそう…

また、最初の局面、

ここを金の合駒にした方が龍取りになっている分、後手がより困っていたということのよう。

結論

・・・というわけで、勝負には影響はなかったと思われるが、

勝負とは別に、△3四角のような手を実際に見てみたかった気はする・・・

スポンサードリンク

いっしょに読まれています