2018/8/26abemaTV 藤井聡太vs高見泰地 形勢判断

2018年8月26日(日)放送の第1回abemaTVトーナメント準決勝・藤井聡太七段 vs 高見泰地叡王。

第1局~第3局の形勢判断ダイジェストです。

第1局から見る>>

第2局から見る>>

第3局から見る>>

第1局

第1局棋譜(一手ずつ形勢判断付き)はコチラ>>

高見叡王〇(藤井 0-1 高見)

藤井優勢が一転…

序盤中盤と快調に飛ばして優勢を確立した藤井七段であったが…

63手目▲4七金打が「悪手」で、形勢が混とん。

先手形勢:Apery1121(藤井優勢) elmo1141(藤井優勢)

※aprey「悪手」判定。

※elmo「悪手」判定。

一手前の局面。

ここは、▲4三歩成~▲3六飛と急所の角を取って、▲4五金と中盤を制圧する指し方が良かったようだ(Apery推奨手順)。

それでもまだ難解だったが…

それでも藤井七段が逆転されたわけではなかった。

ところが85手目。

一見、「なるほど!」という、うまい一手に見えたのだが…

先手形勢:Apery0(互角) elmo403(藤井有利)

※aprey「悪手」判定。

※elmo「悪手」判定。

一手前の局面。

Aperyの読み:▲7七銀(86)△3六金打▲3三銀打△5四金打▲2八飛(26

elmoの読み:▲6五歩打△6六銀(55)

玉は6七で踏ん張ったほうが良かったようだ。

高見叡王、会心の寄せ手順

本譜、▲7八玉に対し、高見叡王が会心の寄せ手順を見せる。

ここから、△6九銀 ▲同玉 △6七金 が絶妙の手順。

先手形勢:Apery-2727(高見勝勢) elmo-2216(高見勝勢)

高見叡王先勝

まで108手で高見叡王の勝ち。

先手形勢:Apery-Mate:7(高見勝利確定的) elmo-2503(高見勝勢)

投了図以下は、▲同玉 △8八飛 ▲9七玉 △8五桂打以下。

超早指し棋戦とはいえ、藤井七段が先手番で負けるという、滅多に起こらない現象が生じた。


第2局

第2局棋譜(一手ずつ形勢判断付き)はコチラ>>

藤井七段〇(藤井 1-1 高見)

優劣不明が続く

68手目、藤井七段お得意の(?)大山流な一手が飛び出す。

先手形勢:Apery-14(互角) elmo84(互角)

形勢は互角。

長く続いた互角の中盤も…

形勢がどちらに転ぶかわからない、白熱の中盤戦であったが…

一見、うまい手に見えるこの手が、将棋ソフト的には悪い手。

先手形勢:Apery-285(藤井指しやすい) elmo-166(藤井指しやすい)

※aprey「疑問手」判定。

※elmo「悪手」判定。

これ以後は、一気に藤井勝ちの流れに・・・

一手前の局面。

ここで将棋ソフトは▲8八玉を推奨。

先手形勢:Apery-196(藤井指しやすい) elmo-363(藤井有利)

Aperyの読み:▲8八玉(79)△5七角打▲5五銀打△同金(44)▲3四角(

elmoの読み:▲8八玉(79)△5七歩成(56)

いかにも王手飛車がかかりそうで、

マジかよ…

って気しか起こらないが、言われてみれば、それなりの手という気もするか…

本譜は…

先手形勢:Apery-1210(藤井優勢) elmo-805(藤井優勢)

△1五角という厳しいパンチが入り…

藤井七段、タイに持ち込む

まで106手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:Apery-Mate:5(藤井勝利確定的) elmo-Mate:5(藤井勝利確定的)

これで、対戦成績1-1に。

<<第1局を見る


第3局

第3局棋譜(一手ずつ形勢判断付き)はコチラ>>

藤井七段〇(藤井 2-1 高見)

難解な中盤で高見叡王にミス

60手過ぎまで、どちらに転んでも不思議ではない展開。

ところが、66手目△4六桂はミスだった可能性あり。

先手形勢:Apery436(藤井有利) elmo280(藤井指しやすい)

※elmo「疑問手」判定。

藤井七段、優勢から勝勢へ

もうミスの許されない高見叡王だったが、△3二玉は消極的すぎた可能性大。

先手形勢:Apery928(藤井優勢) elmo591(藤井優勢)

※aprey「悪手」判定。

※elmo「悪手」判定。

一手前の局面。

先手形勢:Apery737(藤井優勢) elmo590(藤井優勢)

Aperyの読み:△3六角打▲4七桂打△4九馬(27)▲同玉(58)△2七角成

elmoの読み:△3六角打▲4七桂打△4九馬(27)▲同玉(58)△2七角成

開き直って△3六角~△4九馬~△2七角成と迫ったほうが可能性が高かったようだ。

藤井七段、決勝へ

以後は、藤井七段の指がしなり、あっという間に寄り形に。

まで87手で藤井七段の勝ち。

先手形勢:Apery+Mate:13(藤井勝利確定的) elmo+Mate:13(藤井勝利確定的)

投了図以下は、△同銀なら▲同桂成~▲5一龍以下、△6一玉なら▲5一龍以下、いずれも並べ詰み。

これで、藤井七段、決勝戦に進出。

決勝戦の相手は、羽生竜王vs佐々木勇気六段の勝者。どちらが来ても、見物人にとってはとてつもなく楽しみな一戦となる。

<<第1局を見る

<<第2局を見る

第3局棋譜(一手ずつ形勢判断付き)はコチラ>>

第1回abemaTVトーナメント 表&日程

スポンサードリンク

いっしょに読まれています